最近の更新 ページ 2 コメントスレッドの表示切替 | キーボードショートカット

  • ttanimu 10:24 PM | 2019年10月1日 パーマリンク | 返信  

    Paypay使えない 

    スマートフォン決済サービスのPaypay。
    操作が面倒なのであまり使う気が起きないのですが
    貯まっているポイントを使わないともったいないので
    時々行くドラッグストアでのみ利用しています。

    さて、昨日2019年9月30日は消費税増税の前日、
    その店で久しぶりにPaypayを使おうとしたら…
    見たことのない画面が出てきてチャージしろと。
    仕様変わってる?

    店員さんが待ってるし、画面の中に
    なにやらごちゃごちゃ書かれていて
    それを読む時間も心の余裕もないし、
    ということで別の決済手段に変えてその場をしのぎました。

    あとで調べてみると、今年の2月頃に
    Paypay残高不足時の動作に仕様変更があったようで、
    以前は登録済みのクレジットカードから
    自動的に支払われていたのが、エラーで弾かれるようになり、
    その場で残高にチャージするか支払い方法を変更するかを
    選ばなければならないようになったよう。
    この半年ほど特に気にしなくても支払えてこれたのは、
    ポイント還元等で貯まっていたPaypay残高で
    十分処理できるくらいしか買ってなかったということ。

    そもそもクレジットカードでのチャージは
    ヤフーカードからのみの対応なので、
    それを持っていないとPaypay残高はポイント還元でしか貯まらず、
    常に残高不足エラーに流れてしまいます。
    そんなときは支払い時に[コード支払い]メニューから
    クレジットカード払いを選択すればいいようなのですが、
    それはつまり手間が増えるということで、
    面倒だった決済手順がますます面倒になって
    もはや使う気が失せてしまいました。

    まあ私の生活圏内ではだいたい電子マネーWAONが使え、
    それでだめでもクレジットカードを使うことが多いので、
    Paypayを含めたなんとかpayなど使う必要などありません。
    今は無料にしていることも多い店舗側から徴収する手数料を
    何年かして取るようになれば単なる中間搾取とも捉えられますし、
    あるいは政府のポイント還元事業が終了すれば、
    自動的に廃れて行くような気がします。
    それに将来に渡ってスマートフォンが今のような
    バーコード決済しやすい形であるとも限りません。
    結局徒花で終わるんじゃないのかな。

     
  • ttanimu 10:50 PM | 2019年9月30日 パーマリンク | 返信  

    アマゾンの箱でエライことになっているらしい 

    消費税増税を目前にし、
    最後にアマゾンで何か買っとくかと思い立ち、
    注文したものが先週末届いたのですが、
    配達してくれたクロネコヤマトの方曰く
    アマゾンの箱ですごいことになっているとのこと。
    まあ考えることは皆同じでしょうから
    そうなっちゃうんでしょうね。
    配達員の皆さんのご苦労に感謝。もう少しご辛抱を。

     
  • ttanimu 9:45 PM | 2019年9月26日 パーマリンク | 返信  

    スマートフォンが勝手に電源オン 

    常にカバンに入れている予備のスマートフォン。
    いつの間にか勝手に電源が入って30MBも通信してました。
    100MB未満/月に抑えておかないと料金が高くなってしまうのに。

    それにしてもなぜ起動してしまったのか。
    別の荷物に電源キーが長押しされてしまったんでしょうけど。
    ブックカバー型のケースを付けてしまうと、
    普段使いづらくなってしまうので避けてきましたが、
    予備用になら本体保護機能もさることながら、
    そういう事故も減らせていいのかも。
    まあこの予備機にこれ以上の費用をかけるつもりはありませんが。

     
  • ttanimu 11:19 PM | 2019年9月25日 パーマリンク | 返信  

    イオンカードの明細のペーパーレス化 

    最近は利用明細を郵送してこず、
    メールで通知してウェブで確認なんて
    クレジットカードや各種サービスも結構あります。
    比較的金額が大きいものに関しては毎月PDF形式の請求書を
    ダウンロードして保存したりしていますが、
    そうじゃないものは見もせずに
    ほったらかしにしていたりします。
    きちんとチェックしたほうがいいのはわかってるんですけど。

    私の利用頻度が多い流通系クレジットカードのイオンカードは、
    明細をウェブで確認できるようにはなっていますが、
    郵送もしてくれていて、
    これにはクーポン券なども同封してくれていたので
    ずっと郵送してくれてたほうがありがたかったのですが、
    この11月分でペーパーレス化が図られ、
    郵送だと別途料金がかかることに。
    さすがにそこにコストはかけたくないので
    素直にWeb明細を受け入れることにしました。
    10月10日が申請期限のようです。

    だいぶ前から繰り返し案内が来ていたのでそれに従い、
    Androidなので[Playストア]から
    [AEON WALLET]アプリケーションをインストール。
    立ち上げると[イオンスクエアメンバーID]での
    ログインを求められました。
    ああ、これってウェブブラウザでAEON CARDのサイト
    からログインするのと同じってことね。
    わざわざ専用のアプリケーションを入れなくても
    普通にPCからウェブブラウザでやればいいということです。

    さて、このメンバーIDってシステム側から
    ランダムに押し付けられるので覚えられなくって、
    いつもGmailに届いてる昔のメールを検索しないと
    わからないんですよね。今は指定できたりするのかな?

    ともかく普通にログインすると2段階認証を要求されます。
    PCだと登録済みメールアドレスに届いたメールに
    書かれたコードを入力することになりますが、
    指紋センサー付きのスマートフォンだと指紋認証で済んでしまいます。
    実はこの体験初めてで、なるほどこれは簡単でいい。
    どちらにしろログイン直後に
    Web明細(環境宣言)へ導く表示が現れるので、
    案内に沿っていくつかの選択と同意をすれば完了です。
    忘れないうちに処理しておくことをおすすめします。

     
  • ttanimu 10:21 PM | 2019年9月24日 パーマリンク | 返信  

    Nintendo Switch Onlineを無料で 

    昨日書いたNintendo Switch Onlineを無料で1年使う方法について、
    その申請過程において「オファーの最終日が9月25日」との記述が。
    つまり明日まで受け付けているということのようなので、
    誰かの参考になるよう私が行った操作について書き残しておきます。

    まずはAmazonプライムへの加入です。
    Amazonにログインして[いますぐ登録 プライム]をクリックし、
    案内に従って進めばいいだけです。
    途中[年間プランはこちら]リンクをクリックし
    年間プランを選択します。
    1年間使い続けるなら年間プランの方がお得、
    というかNintendo Switch Onlineを1年間無料で利用するには
    その間中プライムを維持する必要があるように見えるので。

    次にTwitch Primeに加入します。
    Twitchで[登録]からアカウントを作成し、
    [Primeを試す]メニュー、[プライムを試す]ボタンを順にクリックし、
    そして[日本で続行]ボタンをクリック後に
    Amazonへログイン、アカウントのリンクのため[確認]をクリックします。
    続けて[特典を見る]から[Nintendo Switch Online Membership]を探します。
    ここでは3ヶ月分しか選択できませんが、
    60日後に同じページで残りの9ヶ月分がもらえます。
    忘れないようカレンダーにメモしておきましょう。
    で、3ヶ月分を[今すぐ入手する]をクリックするのですが、
    すでにニンテンドーアカウントにログイン済みなら
    このときそのアカウントが表示されており、
    アカウントのリンクに[同意する]とパスワード入力を求められ、
    [引き換える]で特典を受け取れます。
    これでNintendo SwitchからNintendo Switch Onlineにアクセス可能に。
    [TETRIS99]も起動できます。

    さて、契約直後にやることといえば自動継続を切ること。
    Nintendo Switch Onlineはアカウントページ
    [ショップメニュー]-[Nintendo Switch Online]とメニューを辿り、
    [自動継続購入の更新停止]をクリックすることで可能です。
    Amazonについてはログインして[アカウント&リスト]メニューの
    [Amazonプライム会員情報]から[更新前にお知らせを受ける]を
    クリックしておくのがいいでしょう。
    Twitch Primeについては…よくわかりません。
    そもそもAmazonプライムに含まれる無料の追加サービスの扱いっぽく、
    単独で解約する方法がよくわかりません。
    きっとAmazonプライムをやめたら自動的にやめたことになるのでしょう。
    その時になってだめならまた考えます。

     
  • ttanimu 11:07 PM | 2019年9月23日 パーマリンク | 返信  

    Amazon PrimeからNintendo Switch Online 

    ようやくスーパーファミコンのゲームも遊べるようになった
    Nintendo Switchのオンラインサービス、Nintendo Switch Online。
    それを無料で楽しめる方法があります。
    まあ総合的には無料ではないのですが。

    そのカラクリはというと、Amazon Primeに加入すると
    Twitch Primeというサービスも利用できますが、
    それの特典にNintendo Switch Onlineに1年間の無料参加権が。
    とはいえ申し込み期限は明日です。
    私は明日手続きするつもりです。
    まだの方は忘れないように。

     
  • ttanimu 10:12 PM | 2019年9月19日 パーマリンク | 返信  

    GAICAが届いた 

    GAICAの申し込みから一週間。カードが手元に届きました。
    驚いたのは普通郵便で届いたらしいこと。
    この手のものは簡易書留が一般的と思うのですが。
    しかし開封して中を見て納得。このプリペイドカードは
    オンラインでアクティベイトしないと使えないんですね。
    それなら配送途中で盗難されても被害はありません。
    なおアクティベイト方法は同梱されたチラシに書いてあります。
    ちなみに公式FAQによると、
    GAICA(Flex機能付き)は普通郵便での配送となっています。

    米ドル建ての支払いについては
    今年中には使うことになるとは思いますが、
    直近では使う予定はないのでとりあえず放置。
    そして海外へ行く希望(予定ではない)があるので、
    行ったらATMで現地通貨を引き出してみたい。
    世の中キャッシュレスが進んでいるとはいえ
    現地通貨の持ち合わせなしで渡航するのは怖く、
    いくらかは持っておきたいのですが、
    空港などの両替所はなかなかの手数料を取られます。
    ATMで引き出せれば低コストでの調達が期待できます。
    まあ不慣れな渡航先でATMを探したり、
    英語で操作したりするハードルは低くはありませんが。

    ATM引き出しについてはGAICA側にも面倒が。
    海外ATMでの現金引き出し時には
    予め渡航予定国と出発予定日を登録しておく必要があり、
    さらにマイナンバーの登録も必要とのこと。
    前者はセキュリティの意味もあるでしょうが、
    後者は海外送金の監視ということでしょうな。

    ところでカードと一緒に送られてきたチラシを見ていて気づいたのは
    「マイナンバー」が英語で”My Number”と表記されていること。
    単語の先頭の’M’と’N’が大文字になっているので
    固有名詞っぽいことは伝わりますが、
    唐突に”My Number”と書かれても意味不明です。
    やっぱりこのネーミングは良くないですよね。

     
  • ttanimu 10:22 PM | 2019年9月18日 パーマリンク | 返信  

    風疹の抗体検査 

    昨今風疹が流行っているらしく、
    特に妊娠初期の女性がかかると良くないとかなんとか。
    しかも私は子供の頃に予防接種を受けてない世代。
    あっ、年齢がバレる!

    そんな我々世代に朗報が。
    風疹の抗体検査と抗体が少ない場合の
    ワクチン接種が無料になるとのこと。
    今年になって私のところにも自治体から風疹の抗体検査の
    無料クーポンが届きました。
    ということで、ついでがあるときに行ってみることに。

    最近用があったのは内科ではなかったのですが、
    クーポンと一緒に届いた資料によると
    そこでも対応可能となっていたので、
    診察受付と同時に唐突にお願いしてみると
    診察の前にそっちをしてしまおうということに。

    まずは問診ですが、
    これまでに風疹にかかったことがあるかとか、
    風疹のワクチンを打ったことがあるかとか、
    突然訊かれても答えがない。
    まあ看護師のアドバイス通り全部「いいえ」にしときました。
    その後に採血。
    数日で結果が出るので電話連絡するとのこと。

    後日そこの看護師から電話があり、
    結果を教えてもらえるかと思いきや、結果を聞きに来いと。
    説明は医者がしないといけないんでしょうかね。
    都合をつけて行ってみると、
    抗体は十分あってワクチン接種の必要はないと一言。
    それだけで、詳しい説明はありませんでした。
    よくわかりませんが検査結果は”64倍”で、
    8倍以下だと次の段階に進むよう。
    ともかく問題なしということで、
    これで若い女性に近づいても大丈夫!!

     
  • ttanimu 10:56 PM | 2019年9月17日 パーマリンク | 返信  

    GAICAを契約 

    何年か前にGAICAなるサービスについて
    手数料が高くて使う気になれないとか書きましたが、
    最近また円安に傾いてきていて、
    大昔の超円高のときに米ドルに替えた分なら
    その手数料がかかったとしても今のレートよりだいぶお得、
    ということに気がついたものでさくっとGAICAを契約。
    もちろん新生銀行の口座と連動するflex機能付きです。
    それの申込みがいろいろ分かりづらかったので
    せっかくなのでここで紹介します。

    まず紹介ページから[ログインして申し込む]で
    新生パワーダイレクトにログインします。
    実はその先どうすればいいのか全くわからなかったのですが、
    [ローン/カード]タブの[海外プリペイドカードGAICA(申込)]を
    クリックするのが正解でした。
    2つのチェックボックスにチェックを入れて
    [同意して次に進む]をクリックすると、
    個人情報の入力ページとなりますが
    すでに入力されているので[申込]をクリック。
    ここでサイトが変わりますが[新規申込]をクリックし、
    6つのチェックボックスにチェックを入れて[次へ]、
    メールアドレスやユーザーID等の入力して先へ進みます。
    [登録]のクリックで登録メールアドレスにメールが届くので、
    そのメールの情報に基づいてとあるサイトにログインし、
    個人情報の確認と追加事項を入力して[確認]で本契約です。
    カードが届くまで多少待つことになります。

     
  • ttanimu 11:14 PM | 2019年9月16日 パーマリンク | 返信  

    Gmailで返信時に件名を編集 

    GmailのWebメールを使い始めて早十数年。
    新規にメールを送る時には普通に件名をつけていますが、
    返信時はというと件名など気にしたことはありません。
    ところがいざ返信時の件名を編集したいとなると…方法がわからないorz

    しかし色々いじくって発見しました。
    通常通り任意のメールを開いて
    送信元メールアドレスの右の方にある[返信]アイコンをクリックし、
    表示される返信メールの返信先メールアドレスの左にある
    [返信の種類]アイコンをクリックして表示されるメニューの中に
    [件名を編集]メニューがあり、これをクリックすると
    返信メールがポップウィンドウ表示されるので、
    そこで件名が変更できます。
    面倒臭い…

     
c
新規投稿作成
j
次の投稿 / 次のコメント
k
過去の投稿 / コメント
r
返信
e
編集
o
コメント表示 / 非表示
t
トップへ移動
l
ログインへ
h
ヘルプを表示 / 非表示
Shift + ESC
キャンセル