ハコスコ

昨春Amazonが送料無料を終了し、
2000円未満の買い物時には送料が350円かかるようになりました。
金額の少ない注文を多頻度で行い、
送料無料の恩恵を過分に受けていた方もいたようなので、
ユーザ間の公平を考えると、この施策には同意します。
ただ、2000円以上を購入したにもかかわらず
[配送料・手数料]が”350円”となっていて、
[割引]で相殺というのには未だに慣れません。
まあ最近はプライム会員への入会が月単位で可能になり、
その会費が400円/月ということで、
こちらを払って[配送料・手数料]を無料化し、
ついでにAmazonプライム・ビデオを楽しむというのもありです。

ともかく、これまでもまとめ買いが基本だったので、
2000円という金額を過度に意識する必要はないのですが、
ときには送料を無理やり無料にするために
ちょっとしたものを追加することはあり、
あるとき追加したのがハコスコです。
これにスマートフォンをはめて覗くことで手軽にVRが体験できます。
だいぶ前に東京と大阪で無料で配ってたようですが、
こういうとき都会暮らしを羨ましく思います。

さて、個人的にはVRよりARだろとは考えており、
昨今のVRブームが果たして永続的なものなのか疑問を持ちつつも、
Oculus RiftPS4用のPlayStation VR
十分一般的になりつつある今、
とりあえず体験しておくのも悪くはありません。

閑話休題。
そのハコスコですが、ダンボール製なので
自作も可能と言いたいところですが、
ちょうどいいレンズの調達が簡単ではないので素直に購入しました。
なおハコスコには両目で同じ画像を覗いて大画面の迫力を体験できる
ハコスコ タタミ1眼と、
両目で視差をつけた別々の画像を見て立体視を楽しむ
ハコスコ タタミ2眼があります。
今回私が購入したのは後者です。
前者には大きなフレネルレンズが付いているようで
そこは魅力的なので、今度機会があれば購入するかもしれません。

さて、利用するスマートフォンalcatel IDOL3に、
ハコスコの本家サイトで紹介されているアプリケーションを
適当に選んでインストールしていきます。
しかし問題が…
アプリケーションによって程度の差こそあるものの、
どう調整しても立体に見えません。
片目ずつで見てみると左右の画像が全く違うorz
これじゃ話になりません。
そこで取り出したのは100円ショップで見つけて思わず買った類似品。
これだとまともに立体視できます。
ただ不思議なのはハコスコと類似品で、
目とスマートフォンの位置関係は同じな事。
レンズのせいなのか?あるいはIDOL3が悪いのか?
ともかくきちんと体験できるようにはなりました。

で、その感想ですが、ヘッドトラッキングはなかなかうまくできており、
動きに対する画像の追従性はわりと自然です。
視野も思ってた以上に広く感じます。
しかし解像度が全く足りてません。
個人的にはスマートフォンサイズで4Kぐらいはないと
映像が粗くて没入感は皆無な気がします。
コストを考えるとVR元年はまだまだ先かもしれません。
試したアプリケーション(コンテンツ)に、
これはと思えるものもありませんでしたし。

ちょっと使っただけでハコスコのダンボール素材が
顔の油を吸い気味ですし、
ダンボールの角が顔に当たってやや痛かったり、
顔に当てるのに手で持ったままなのも辛いので、
使用頻度が高くなったら何らかの対策を講じる必要はあるでしょう。
しかし今はハコスコも類似品も畳んでしまっておくことにします。

広告