シリアル通信できるようにグループ追加

以前Ubuntu 14.04でシリアル通信を行うときに、

# chmod 666 /dev/ttyS0

とデバイスファイルのパーミッションを変更して対応したことがありますが、
USBシリアルケーブルを利用する場合、
接続時にデバイスファイルが動的に生成されるため
同様の対応がしにくいという欠点があります。
ということでもっと素直な方法で対応することに。

シリアルポートのデバイスファイルは

# ls -l /dev/ttyS0
crw-rw---- 1 root dialout 4, 64  x月 xx xx:xx /dev/ttyS0

のようにdialoutグループが所有しており、
使用したいユーザがdialoutグループにも所属していれば普通に使えます。
つまり

# usermod -a -G dialout <ユーザ名>

を実行すれば解決です。
まあ使用したいユーザーがたくさんいるとそれなりに面倒な作業になりますが。

広告