Adobe Reader のバージョンダウン

基本的に配布先で内容を変更できない電子文書pdfが登場したとき、
うまいこと考えたなと思ったものですが、
今後はブロックチェーンで更新を許しつつ改竄を防ぐようなシステムが
出てくるような予感がしています。

その話は置いておくとして、
今回はpdfを閲覧するためのAdobe Readerの話です。
最新のAdobe Reader DCを使っていたところ、
プラグインの都合でAdobe Reader XIに戻さざるをえなくなりました。
ネットでInstall an older version of Adobe Reader | Windowsを探し当て、
Adobe Reader DCをアンインストールしてから
Adobe Reader XIをインストールすることで対応できました。

ちなみにその後、XIそのままにDCをインストールできないか
DCのセットアップを走らせたところ、
初期化エラーとかいわれて先に進めませんでした。
きっとXIをアンインストールしてからならDCを入れられると
とりあえず信じておくことに。
まあXIを入れて使っていると最新のDCにバージョンアップ可能だと
鬱陶しいぐらい通知がくるので、メニューからアップデートを選べば
すんなりDCに移行できるのかもしれません。

広告