Nintendo SwitchとmicroSDXC

内蔵ストレージが32GBのNintendo Switch
今時のスマートフォンOSに比べればシステムサイズはコンパクトでしょうし、
パッケージ版のあるゲームならダウンロード版を購入するつもりもなく、
32GBがそれ程小さいとは感じないものの、
ゲームのセーブデータは常に内蔵ストレージに保存される
ということを考えると、
そこはなるべく空けておきたい衝動にかられます。
ということでmicroSDカードをSwitch本体に挿しておくことに。

microSDカードは現在市販されているものはほぼ使えますが、
任天堂の勧めに従いUHS-I対応の高速品ということで、
microSDXC 64GB Toshiba EXCERIA UHS-I U3を新規購入しました。
microSDXC規格も64GB品も使うのは初めてです。
まあ選択した理由は現時点でのビット単価が最安である
という消極的な理由です。
時が経てば価格が安くなるのはこの種の商品の宿命ですから。

Switch本体のスタンドを開き、その影に隠れているスロットに
microSDXCカードを挿して電源を入れてみると

microSDXCメモリーカードを使うには、本体を更新してください。

とメッセージが表示されました。
microSDXCカードの使用には本体を更新が必要
であることは知っていたものの、
これは古いバージョンのファームウェアの場合と考えていましたが、
最新のファームウェアにアップデートしていても、
やはりアップデートが必要なようです。
とりあえず[本体を更新する]をタップしてみると
アップデートは一瞬で終わったようで、
ネットにアクセスしたかどうかも分かりません。
勘ですが、アップデートしたのは
SDカードコントローラのファームウェアなのかも。
何にしても[設定]を見る限り正常に使用できているようです。

SDカードを挿した状態でゲームのダウンロードや
パッケージ版ゲームのアップデートをすると
自動的にSDカードに保存されますが、
すでに内蔵ストレージに保存されたデータを
SDカードに移すことはできないようです。
なおSDカードを実際に使ってみたところ、
ゲームの遅さを感じるようなことはないので、
速度に関しては問題なさそうです。

ところで一旦Switchの電源を切って
microSDXCカードを抜き、
PCで読み取ってみようとしたのですが、
よく考えてみるとmicroSDXCに明示的に対応した
環境を持っていないような気がしてきました。
まあダメ元でmacOS Sierraが動く古いMacBook Pro
SDカードスロット(要microSDアダプタ)に挿してみると、
きちんと認識してくれました。
フォーマットはexFATです。普通です。
中を覗いてみるといかにもな”Nintendo”ディレクトリが、
そしてその下には数々のサブディレクトリが存在しています。
“Nintendo”ディレクトリをいじらなければ問題なさそうなので、
いざというときにはこのSDカードをデジカメに差し替えて使えそうです。
あっ、SDXCに対応したデジカメなんて持ってませんでした。
そういえば本体はもちろん、しっかりした交換レンズももう数年買ってません。
手持ちのAndroidスマートフォンだと
alcatel IDOL 3
isai LGL22は対応しているようですが、
スマートフォンの外部メモリってあまり役に立つ印象がないんですよね。
やっぱりSwitchに挿しっ放しですね。

広告