円錐角膜でコンタクトレンズは治療用

もう20年前のことです。
何だかんだいってあんまり勉強してこなかったので、
視力は悪くなることなく、非常によかったのですが、
大通りの向こう側にいる人の顔がよく見えなくなってきたので
眼鏡屋に行ってみました。
すると合う眼鏡が作れないと言われ、
眼科を受診することを勧められました。
で、眼科での診断結果は円錐角膜。乱視です。
それから使用し始めたのがハードコンタクトレンズです。
以来20年使い続けています。
ハードコンタクトには視力の矯正はもちろんですが、
医師曰く、角膜がますます円錐状になるのを抑える意味もあるそうです。

さて、20年間使い続けたコンタクトでも
現状特に不具合があるわけではありませんが、
そろそろ次のを作ってもいいかなと思い立ち眼科に行きました。
ただし円錐角膜となると、レンズを試着して選ぶ必要があり、
コンタクトレンズメーカーの担当者が来られるときでないと
対応できないということで、その日時に再度来訪することに。
そのときの話では円錐角膜用に日本コンタクトレンズの”ローズK”という
特殊な形をしたレンズがあるとのことでしたが、
実際に試着してみて普通のレンズで問題ないことが分かり、
同じく日本コンタクトレンズの”うるるUV”を購入しました。

ところで、確定申告の医療費控除に
コンタクトレンズの購入代金は原則含まれませんが、
治療目的であれば対象となると聞いたことがあり、
医師に訊いてみたところ、
これまでそういう観点で考えたことがないようで、
レンズメーカーの担当者も同様です。
ただ、医師曰く、円錐角膜なら該当だろうと。
ということで来年の確定申告でチャレンジしてみます。
まあ医師が治療だと言えばそれで対象になるはずので、
チャレンジと言うほどでもないんですけどね。

広告