任天堂のキャラクタービジネス

かなり前、テレビのニュースだか情報番組だかの中で、
マリオの扮装をして東京の街中をカートで走っている映像が放送され、
外国人観光客に人気、みたいな話になっていました。
街中をカートで疾走すること事は道路交通法に則って行う分には
違法ではありませんし、個人的にそういうことをやって、
そのときたまたまマリオの扮装をしている分には、
ハロウィンの仮装と同列なのでそう怒られる事はないでしょう。
しかし観光客が団体で、となるとそういうのを主催している
企業があるんだろう容易に想像がつきます。
自分も走ってみたいと思う半面、
そんなの任天堂が許す訳がありません。

で、やっぱり任天堂は許しておらず、この度訴訟に発展しました。
詳しくは公道カートのレンタルサービスに伴う当社知的財産の利用行為に対する訴訟提起について
をご覧下さい。

実はしばらく前に地上波のバラエティー番組で
出演者が非常にクオリティの低いマリオのコスプレをしていて、
これが”世界一有名なネズミのキャラクター”のコスプレだったら
とんでもないことになっているだろうに、
任天堂もきっちりと対処しないとダメだろうとか思いつつ、
任天堂の株主総会での質問のネタにしよ、とか考えていました。

私の希望としては任天堂は純粋なゲーム会社であって欲しくは
ありますが、キャラクタービジネスに本腰を入れる中で、
利益を生むキャラクターを毀損や未許諾使用から守る行動は、
積極的に行うべきでしょう。
今回の訴訟は、不正使用に対しては断固たる、
そして徹底的な措置をとるという姿勢を示すためにも必要だと。
米エンターテイメント企業や仏ファッション企業のように、
任天堂もその道で恐れられる企業になって欲しいものです。

広告