3Dペンを実用的に使う

購入してから半年ほどとなるダヴィンチ3Dペン
これでまともなものを作るとなると、
明るく遠近感の把握しやすい環境で、
いい目と緻密に動く手と先を読む頭脳が必要なのですが、
そうとうに難易度が高く、お蔵入しておりました。
しかし最近実用的なものを2つ作ることに成功したのでした。

1つ目は椅子の足のキャップです。
金属製の円筒の垂直な4本の脚で支える椅子の脚先に
プラスチック製のキャップが付いていたのですが、
それが経年劣化で粉々に割れてしまいました。
床を傷つける可能性がありますし、
なにより脚の長さに差が付いてガタガタします。
このキャップを3Dペンで作りました。
結構見切り発車でいい加減に、
脚に当てて調整しつつ作ったものの、
見た目は不格好ながら実用になりました。
構想では接着剤でくっつけるつもりだったのですが、
ちょっときつめになってしまったのを力ずくではめたところ、
いい感じになったので結果オーライです。

2つ目は補強用の芯です。
断面が2cm角のコの字型の長いプラスチックの棒状のものが
折れてしまいエポキシ系接着剤でくっつけてみたのですが、
強度が足りずにその部分がまた折れてしまいました。
そこでちょうどコの字が埋まるような直方体っぽいものを
3Dペンで作り、それをはめ込んで芯にして
接着剤で固めてみました。見事実用になりました。

扱い易いとは言えない3Dペン。
子供のおもちゃぐらいにしかならないと諦めていましたが、
工夫次第でなかなか使いでがあることを認識できました。
まだフィラメントがたくさんあるので、
頻繁に使っていこうと考えています。

広告