情報処理安全確保支援士の講習費用見直し?

以前紹介した情報処理安全確保支援士
受講必須の講習費用が3年間で15万円と、
独占業務がないにもかかわらずなかなか強気の設定でした。
が、私同様世間(ネット)は冷たかったようで、
IPAの案内ページ
“4.支援士が受講する講習について”の節には、いつのまにかしれっと

が、検討に時間を要しております。 
現在、11月下旬のご案内に向け、鋭意検討を行っておりますので
今しばらくお待ちいただきますようお願い申し上げます

の一文が追加されていました。
元の文章をはっきり覚えていませんが、明らかに後日の加筆でしょう。
初回登録(2017年4月1日分)申請の受付が
すでに10月24日から開始されているわけで、
楽観的にも程があるというか、
世間の反応をみての見直し前提だったのか。
独立行政法人と言えどお役所仕事です。

さて、本日は11月末日。
予告どおりその講習費用の検討結果が発表されました。
で、国家資格「情報処理安全確保支援士」講習のご案内によると…

6.費用
講習費用はオンライン講習20,000円、集合講習80,000円です(非課税)。
なお、当制度において講習受講以外に更新のための手続きや手数料は発生しません。

オンライン講習は年1回、集合講習は3年に1回の受講が義務なので、
3年での資格維持費用は14万円!!
えっと…何を検討していたのでしょうか?

かなり昔に日本全国で開催された
Microsoft主催の無償のセキュリティー講習会に参加した事があり、
その時なかなかいいノベルティグッズ(シャープペン×2本)を貰い、
ついでにSQLインジェクションをはじめとした攻撃方法を教えてもらい、
当時としては非常に勉強になった経験があるので
オンライン講習とか興味がないわけではないのですが、
価格対効果を考えると私としては払える金額ではありません。
ということで情報処理安全確保支援士は不取得で決定です。

これから世間の反応や申込者の人数等出てくるでしょうが、
もう廃止フラグが立ってるような…