SkypeのアカウントでOutlookにログイン

GoogleのGmailに相当する現在のMicrosoftのオンラインサービスは
Outlook.comになると思われます。
Google Apps改めG SuiteがOffice365というところでしょうか。
Outlook.comの前身はlive.comで
私もブログでお世話になったりしていましたが、
その起源はhotmail.comであったりします。
これまで名前もシステムもコロコロ変わって
利用可能なドメインが増えているため、
outlook.comでログインするときには
ドメイン含めてフルでメールアドレスを入力する必要があって
非常に面倒です。Gmailだとドメイン省略できるんですけどね。
まあ私は独自ドメインのoutlookアカウントもいくつか持っていて、
そちらについてはどうやってもドメイン省略なんてできないので、
その点使い勝手としては同じではあるんですけど。

さて、そんな面倒なoutlookへのログインが
Skypeアカウントでも可能になりました。
これで入力が楽になります。
‘@’がなければSkypeアカウントとして認識されるようです。

で、ログイン画面でSkypeアカウントを入力して
心当たりのパスワードを入力してログインに成功すると、
紐ついているMicrosoftアカウント(hotmailメールアドレス)と
統合されたとのメッセージが表示されました。
そうです、Skype社がMicrosoftに買収されたときに、
当時のHotmail(live?)アカウントとSkypeアカウントの
紐つけが可能となり、私も紐つけておりました。
これでSkypeアカウントとメールアドレスが同一視され、
パスワードはメールアドレスのものに統一され、
以後Skypeアカウント指定でログイン可能となりました。
SkypeアカウントがMicrosoftアカウントに対する
エイリアスになったような雰囲気のようです。

仕組みはともかく、これで比較的短いSkypeアカウントで
Outlook.comにログインできるようになりました。
タッチパネルのソフトキーボードでの入力時には
威力を発揮することでしょう。
Android版の[Microsoft Outlook]アプリケーションでも
Skypeアカウントを受け付けてくれました。
しかし、imap4経由でメールを見るための設定では
Skypeアカウントは通じませんでした。
ログインアカウントにはメールアドレスを
フルで入れる必要がありました。
さすがにここまでは手が回っていないようです。