Bitcoin

英国の通販サイトPIMORONIから
Raspberry Pi購入したときの事
支払い方法にクレジットカードを選び、
VisaデビットカードのSony Bank WALLETを指定すると、
ポンドの外貨預金から残高が引かれました。やった。

がしかし、今回の話のメインはそっちではありません。
その支払い方法の選択肢に[Bitcoin]があったことです。
[Bitcoin]と言えばいろいろと話題になっている仮想通貨です。
通貨といえば、通常金本位制で価値を保証したり、
管理通貨制度で政府がコントロールしたりしますが、
そういう中央集権的なものが存在せず、
ブロックチェーンという仕組みの下、
分散管理者の多数決で信用維持するようなシステムがBitcoinです。
まあ私はそんなに詳しくないのでWikipediaでも参照ください。

しかしBitcoinで支払いできるサイトなんて初めて出会いました。
日本でも電気代をBitcoinで支払えるサービスが登場しますし、
購入時には消費税の課税対象外になると言う話もあるようですし、
どうやら知らないうちにメジャーな通貨っぽい物になっているようです。
試しにちょっとだけBitcoinを持っておくのもいいかとか思ったりしています。

ちなみに為替レートで確認すると現在1BTCが7万円程度。
最小取引単位の1Satoshiは1/100000000BTC。
つまり1Satoshi=0.0007円。したがって1円=約1500Satoshi。
普通に買い物するには桁が多すぎて感覚がおかしくなりそうです。
それでもジンバブエ・ドルよりはぜんぜんマシです。
最終的には3.5京ジンバブエ・ドル=1米ドルだったそうですから
ジンバブエ政府の政策の悲惨さがうかがい知れます。
しかしBitcoinにはその政府すらありません。
何かが起こったときどうなってしまうのか、空恐ろしくもあります。