Chromeアプリが終わりを迎える

個人的に気に入っていて結構活用しているChromeアプリ。
残念ながら2018年初めに利用不能となるそうです。

HTML5をベースにして必要ならNaClも利用して開発する、
Chromeブラウザ内で動作するChromeアプリ。
技術的な素性のよさを感じ、
私自身開発者登録しているのですが、
結局広く普及することはなかったようです。
微妙にジャンルが異なる外様のAndroidの
数の暴力に敗北した形でしょうか。
これも民主主義です。

Chromeアプリは今後もChrome OS上でサポートされるとのことですが、
こうなるとアプリケーションの開発者の減少は必至で、
Chrome OSはネットサーフィン専用機になりそうです。
その存在意義が薄くなります。
となればChrome OSの近い将来の廃止もありえない話ではありません。
それならGoogleの次の手は…
Ubuntuを擁するCanonical社の買収とか?
仮にそういう展開に転がるなら、
最近Canonicalと仲良しのMicrosoftとの間での
綱引きがすごいことになりそうです。

広告