羽根のない扇風機

先日京都駅のお土産屋さんでのことです。
所狭しと並んだ土産物に混じって、
涼を取るためにエアマルチプライアーが稼働していました。
羽根のない扇風機です。
気付くまでにかなりの時間を要しました。
なるほど、妙に主張しないその見た目は
お店に置くのにちょうどいいですね。

レトロなお店で壁掛タイプの扇風機を見かけたりしますが、
壁掛けエアマルチプライアーなんて結構いいかもしれません。
と思ってたらそういうのは既に売ってました。

ただこれ、食べ物屋には向かない気がします。
油を多用するラーメン屋なんかだと、表面の掃除は楽でも、
中の汚れがどうなるか、戦慄を覚えます。
また動作音を考えると、静かで落ち着いた店には向きません。
どうやら使いどころは割と限定されそうです。
しかし観光客でごった返す土産物屋には本当にピッタリです。

そういえばトイレに置かれている風で手を乾かす機械は、
その動作音のうるささから最初なかなか買い手が付かず、
騒音を苦にしないパチンコ屋から導入が始まった、
なんて話を聞いたことがあります。
使いどころの見極めが重要ということですね。

広告