グローバルパスポート終了

auの携帯電話の国際ローミングサービス
グローバルパスポートCDMA/GSMが終了となることが発表されました。
私が所有するW62SはGSM対応機で、
何度か海外でお世話になりました。
しかしCDMA(2000系)はともかく、
GSMはまだまだ使える地域は多いと思うんですけどね。

で、ニュースリリースをよくみると、終了するのは

3G対応機種向け「グローバルパスポート」サービス
※対象機種は3G対応機種 (3G ケータイ、3G マートフォン)
※4G LTEスマートフォン・4G LTEケータイ向け「グローバルパスポート」サービスは引き続きご利用いただけます。

と書かれています。
最近のスマートフォンはLTEはもちろん3GやGSMにも対応しており、
どうもこれらのスマートフォンを海外に持っていった場合は、
3GやGSMでもつながると読めなくはありません。

海外携帯電話事業者によるLTEネットワークへの移行の拡大とGSM/CDMAネットワークの縮小に伴い

などと言い訳はしていますが、
auとしては旧機種のサポートを切りたいだけのような気がしています。

それの傍証とは言いきれないものの
同時にEZアプリの終了についての発表もなされており、
これらサービスが終了する2018年3月31日に
auの3Gが停波する可能性はあるでしょうね。
私のように古い端末を使いつづけるユーザーの動向を見つつ、
1、2年伸ばすことは考えられますが、
2020年7月開催の東京オリンピックに向けて
電波資源の最適化を図りたいでしょうから、
最遅でも2020年4月1日にはLTE一本にしたいのがauの希望でしょう。
auの巻取り作戦は如何に。

広告