Visual Studio Code ver 1.0

つい先日ご紹介したVisual Studio Code。
何とタイムリーなことか、先週バージョン1.0が正式に公開されました。
って、これまではベータ版だったのね。

早速ダウンロードサイトから
debファイルをとってきてUbuntu14.04でダブルクリックすると、
簡単にインストールできました。
本体である”code”は”/usr/bin/”ディレクトリに置かれており、
ターミナルから

$ code

とするだけで実行できます。
細かいことは先日の投稿をご覧ください。

アプリケーション自体で何か機能が加わったのかと訊かれると、
私が使う範囲ではそう変わっているようには見えないのですが、
見た目で大きく変わっているのはメニューが日本語化されていることです。
わかりやすくなりました。
ただし、どこを見て言語を切り替えているのかは不明です。

なお、Windows版とMac版もLinux版同様日本語化されています。

広告