PayPalの為替レート

必要に迫られ1年ぶりくらいにPayPalでドル建て決済しました。
あまり気にせず処理を進めていたのですが、
PayPalからの請求が日本円になってます。
どういうこと?

通常クレジットカードでのドルの支払いというと、
カードを使用した店舗等からはドルで請求され、
カード会社からの請求で日本円に換算されます。
一年前PayPalを利用したときもそうだった記憶があるのですが…
どうもその後PayPalに両替機能が追加されたようです。

で、その為替レートを請求書から求めると、
1米ドルに付き4円ほど手数料を取られている勘定で、
まあ手数料4%ということでしょう。
クレジットカードの為替手数料は、
イシュア(発行会社)やアクワイアラ(まあブランド)にもよりますが
1.6%程度が相場のようで、PayPal高過ぎと言いたくはなります。
まあ今回は支払い金額が大したことはないので
そのまま払ってしまいましたが。

しかし、その場で為替レートが分かるというのは結構なメリットです。
クレジットカードでは請求書が来てからようやく為替レートが分かり、
しかも使用日から数日経った為替レートが適用されるので、
思ったより高く付いた何てことはよくあります。
円-米ドル相場では1日で1円動くなんて当たり前ですからね。

ところでその場で為替レートが分かるといえば
プリペイド系のクレジットカードです。
以前au Walletでドル払いしたことがありますが、
手数料は4%とPayPal並の高さではあるものの、
使用の瞬間に残高が減るので為替レートがすぐ分かります。
それでも支払った後にしか分かりません。
支払い前にレートが分かるPayPalは親切です。

そうは言っても手数料は安い方がいいということで、
昔のようにPayPalからの請求はドルにして、
クレジットカード側の為替レートを利用する方が有利です。
そしてそうする方法もあり、
支払い時に設定変更できるみたいです。
今度やってみよ~って、今度はいつだ?