冬の朝の自動車

自動車通勤をしている私。
冬の朝の何が嫌って車の窓ガラスが凍っていることです。
必ずしも凍ってるとは限らないところは謎ですが、
何らかの理由で水分があって、気温が氷点下なら高い確率で凍ってます。
ともかくこいつを何とかするのにいくらかの時間が必要なんですよね。

で、何とかするのにまず必要なのがエアコンのデフロスターや熱線です。
しかしこれだけやって待っていても時間がかかってしょうがないので、
昔はぬるいお湯をかけたりしていました。
お湯は効果が高いものの消費量はバカにならず、
前後左右すべての窓ガラスが凍っていると大量に必要なんてこともあります。
そんなこともあって長い間スプレー式解氷剤を使っていました。
常備しておけば必要なときに必要な場所でサッと使え、
少し解けさえすれば、あとはスノーブラシでなんとかなります。
経験的にひと冬1本で足りるのでコストパフォーマンスは悪くありません。
しかしこれ、買った直後はいいんですが、
春が近づくにつれて出が悪くなってしまいます。
中身が少なくなってくると寒さで圧力が低下するんでしょうね。
その証拠に気温の高い昼間だと元気よく出ます。

そんな時出会ったのがハンディータイプのアイススクレーパーです。
ひと掻きで対応できる面積は広くないものの、
事前に何もかけなくても力を入れてガリガリすれば綺麗に氷を除去できます。
しかもランニングコストはかかりません。
ただし私の労力はかかってますが。

ということでここ2、3年はスクレーパーのみ使っていました。
そして昨年車検時に勧められるままフロントガラスに撥水加工を施したところ、
これが事態を好転させ、軽くスクレーパーを当てるだけで
面白いように氷がとれるようになりました。
私見ですが、撥水加工+スクレーパーが最強です。

ところで最近これの解決方法として
消毒用アルコールと水を2:1で混ぜスプレーボトルに入れて吹きかける
というのを知りました。
ちょうどだいぶ前に薬局で買った消毒用エタノールがあり、
大昔に買った肌水スプレータイプの空きボトルに入れて
準備万端整えていたんですが…ちっとも凍結しないorz

暖冬の影響か、この冬で凍っていたのは2回ほどと、
例年と比べても著しく少なかったのですが、
前述の方法を知ってからは終ぞ凍ることはありませんでした。
ということで、試さずにここに書くのは不本意ながらも、
来冬への備忘録ということで書き残しておきます。

広告