Now on Tap

Android 6の新機能として謳われていたNow on Tapが日本でのサービスを開始しました。
これはAndroidの画面に表示されている文字を解析して単語の検索を簡単にできるようにしたり、
ちょうどいい用途のアプリケーションを呼び出してくれるクラウドと連携したサービスです。
これまでスマートフォンやタブレットで文字を入力したり編集したりするのが面倒だったのを、
入力を簡便にするのではなく、処理能力をふんだんに使って
選ぶだけの操作で何とかできるようにしてしまうという、
自由度はともかく、時代に則したスマートな解決方法です。
実は私のNexus7(2013)Android6が降ってきたのと
同日にサービスインになったので、早速使ってみました。

Chromeで適当なウェブサイトを開き、ホームボタンを長押ししたところ…
これって普通のGoogle Nowじゃないのか?
そこで[三]アイコンから[ヘルプ]メニューを開き“now on tap”を検索してみると、
[Now on Tap をオンまたはオフにする]という項目があります。
それによれば、[Google]アプリケーションの[三]アイコンから[設定]メニューを開いて、
[Nowカード]メニューの[Now on Tap]でオン/オフできる…って、そんな項目見当たらないし。
どうやら[Google]アプリケーションがアップデートされないとだめなようです。
といってアップデートはまだ来てないですし、
来るまでまてということなんでしょう。

で、数日後にアップデートが来ました。
ホームボタンを長押しすると、

画面についてヘルプが必要な場合
Now on Tapをオンにします

なるタイトルのお知らせが表示され、
そこで[オンにする]ボタンをタップするとNow on Tapが動作するようになりました。
Chromeで適当なウェブサイトを開いてNow on Tapしてみると、
いくつかの単語が拾われて検索等が素早くできるのですが、
期待するほど単語を拾ってくれません。
小一時間いろいろ試すも、私にはほとんど役に立ちませんでした。
これから徐々にでも賢くなってくれることを期待します。

広告