謝罪:Ingressの複数アカウントはプロトコル違反

先日書いたIngressでポータルキーが貯まりすぎの中で、
Ingressで複数アカウントを作ってしまいましたが、
これがプロトコル違反であることを地域の方からご指摘いただきました。
信義則に反するぐらいにしか思っていませんでしたが、
きちんと認識していなかったことを反省しております。

で、地域のリーダー(?)の助言どおり倉庫アカウントを削除することにしたのですが、
これが結構わかりにくかったので書き残しておきます。

Ingressヘルプサイトで[詳細]リンクをクリックすると
[Troubleshooting]ページが開くので、
[I want to delete my account]リンクをクリックします。
[I want to delete my account]ページが開きます。
ここに「メールアドレスはIngressでは再利用できない」などと注意事項が書かれていますが、
かまわず[contact us]リンクをクリックします。
[Delete Ingress profile]ページが開くので
[Your email address]にGoogleアカウント、
[Your codename]にIngressのコードネーム、
[Reason for your request]に解約理由を入力し、
その下の2つのチェックボックスをチェックします。
[Attachments]は添付ファイルなんでしょうが、何を添付するのかは謎です。
放っておけばいいでしょう。
最後に[Submit]ボタンをクリックします。
これで解約完了と思いきや、
“Request not yet submitted. Please check your email to verify and submit your request.”
と表示され、先に入力したメールアカウントに
“Ingress Help welcome email”なるメールが届いています。
そのメールに書かれているURLをウェブブラウザで開くと、
Ingressヘルプへのログイン名とパスワードを入力するように促されたので適当に設定しました。
元に戻ってきたのか?
しょうがないので[Submit a request]から[Delete my Ingress profile]を選び、
先程と同様に進めていくと、最終的に今度は
“Your request was successfully submitted. You should receive a confirmation email shortly.”
と表示されました。
そこでメールを確認すると、
“[ACTION REQUIRED] Confirm your Ingress account deletion request”
なる同一内容のメールが時間差をおいて2通届いています。
後半の作業は余計だったのか?
それはともかく、そのメール内容に従って最終確認をしなければなりません。
具体的にはそのメールに返信するのですが、
“##- Please type your reply above this line -##”
の行より前に”DELETE”と書いておけばいいようです。
[Ingress Help]サイトの[My activities]を見ると成功しているようにみえるので、
あとは放っておけばいいのでしょう。多分。

ところで、Ingressは今後課金制になるのでしょうか?
うーん、潮時かも。

— 後日談 —
翌日、削除したとのメールが届いたので、
起動してみると確かに消えているようですし、
先のメールアドレスでスタートすると、
コードネームを入れた後にエラーに流れてしまいます。
(iOS版にて確認)
——–

広告