mineoでプリペイドからポストペイへ移行

ちょっとした事件があってやむなくmineoプリペイドパック(NanoSIM)に差し替えた
私のデータ通信専用スマートフォンau isai
順調に1ヶ月強でプリペイド分の1GBを使い切りました。
ということで、かねてから予定していたポストペイ契約への移行を行いました。
なおプリペイド分を使い切るとまったく通信できなくなってしまいますのでご注意を。
また移行手続きから実際の開通まで審査時間が必要です。
未使用の通信分は移行後に繰り越せるので、残りがあるうちに動いた方がいいでしょう。

まずはmineoプリペイドマイページにパッケージにかかれた情報でログインし、
[継続型の月額サービスへ変更する]をクリックして手続きスタートです。
私はケイ・オプティコムのサービスを使うのは初めてでeoIDを持っていないので、
[eoIDをお持ちでない方]をクリックし、
[同意する]を選んで[次へ進む]をクリックします。
なお[エントリーコード]はmineoエントリーパッケージに書いてあったり、
キャンペーンでもらえるもので、事務手数料が無料になったりするようですが、
mineoプリペイドパックからの移行ならそもそもかからないので無視します。
まあそもそも持ってないので入力できません。
次いで現れるSMSオプションは[申し込む]をチェックしたままにしておくのがいいでしょう。
なにしろ受信は無料ですから。
送信すると3円/通(国際送信だと100円/通)なので、
間違えて送ってしまう可能性をなくしたいというのならチェックを外しておきます。

その後は個人情報の入力やログイン情報の設定を行います。
支払いにはクレジットカード(au Walletのようなプリペイドタイプはダメっぽい)が必要です。
mineoエントリーパッケージではさらに公的証明書の提示
(自動車運転免許証をデジタルカメラで撮って画像を送る等)が必要だそうですが、
プリペイドからポストペイへの移行には必要ありません。

ところで、mineoの月額サービスにはいくつかのプランがあります。
データ通信専用のシングルタイプなら
プリペイド契約で入手したSIMカードをそのまま使い続けられます。
そしてデータ容量は4コースから選べます。
私の標準的な使い方ではぎりぎり1GB/月に収まる程度なので、1GB/850円を選びました。
何かイベントがあってオーバーしたとしても、
かつてPHSの32kbpsやアナログモデムの33.6kbpsでインターネットしていた身としては
低速な最大200kbpsで我慢できないことはありません。
一応高速通信を100MB/150円でチャージすることはできますが、これはかなり割高です。
それなら最初から3GB/980円を選ぶべきです。
私が1GB/850円を選んだもう一つの理由が、
このコースだとなぜか初月のみ1GB追加で合計2GB使えるからです。
しかも余ったデータ容量は翌月にだけは繰り越せるので、
多少のオーバーならカバーできそうです。

もし恒常的にオーバーするようならコースの変更も可能です。
マイページにログインして
[基本データ容量変更お申し込み]メニューから簡単に変えられます。
毎月25日までに変更すれば翌月からコース変更が実施されます。

閑話休題、これで仮申し込みが完了です。
入力したメールアドレスにメールが届くので
そこに記述されているウェブページにアクセスすれば完了です。
ただし、その後審査があるので、
開通のお知らせメールが来るまで待つ必要があります。
私は平日昼間の申し込みで数時間かかりました。

最後に、プリペイド契約時には使えなかったSMSも受信できることが確認できました。
最近はセキュリティ強化の名のもと、
パスコード等をSMSで送りつけてくるサービスが多いので、
追加の基本料金なしにSMSが使えるのは意外といい感じです。
ただし送信は有料なので試してません。あしからず。