コンタクトレンズが飛んだ

なんだか言葉で説明し辛いのですが、
蛍光灯2個点灯/1個点灯/豆電球点灯/消灯をひもを引っ張って切り替える
天井に吊るす照明器具がありますよね。
こんなののことです。
これのひもが長くできるように延長ひもをつけているんですけど、
先日この下についてる大きなつまみが目に当たってコンタクトレンズ(ハード)が吹っ飛びました。
いや、ヒットの瞬間は目をつぶっていたと思いますし、別に痛かったわけでもなく、
しばらく気が付かなかったんですけど。

そもそもほぼ純粋乱視(円錐角膜)の私はハードのコンタクトレンズを使っています。
で、コンタクトがなくてもそれなりに見えるので、
時々つけてるのかつけてないのかわからなくなります。
今回もそんな調子で外れたことに長時間気づかなかったのですが、
どうも外れてるような気がする。
鏡で確認すると確かにないし、ずれてもない。
いったいどこにいったのか行動を思い返してみて、
先の延長ひもが目に当たったことぐらいしか思い当たらない。
で、部屋の中を探し回ってみるも見つからない。

今使っているのはもう十数年ほど前に作ったもので、
数年ほど前に買い換えようかと眼科医に診てもらった際に、
度も合っているしレンズもきれいだし、買い換える必要ないとかいわれたので
今でもそのまま使っています。
というわけで、十分元は取ってるとはいいつつも、
予定外の出費は痛いのでさらに探していると…ありました。
2mぐらい先に吹っ飛んでいました。結構飛ぶものなんですね。
いや、これだけ飛んだことでかえって踏んだりせずにすみました。

ずれて取れなくなったり、洗ってて落としたりということは何度も経験しましたが、
こんな落とし方は初めてです。
元プロ野球選手の達川捕手(広島)が試合中に落として
大騒ぎしていたことをふと思い出しました。