シューズの修理

ジムで運動するときに使っているシューズの靴底がはがれかけてきました。
買った当時の値段は覚えていないものの、結構高かった記憶はうっすらあります。
とはいっても十数年使っていて十分に元は取っています。
しかしお金のない私はこれを修理してまだまだ使うのです。
物持ちがいいというか貧乏性というか。

さて、100円ショップでゴムがくっつきそうなボンドを買ってきます。
そして、靴本体と底の間にボンドを注入しプラスチックのへらで満遍なくのばして、
接着面がくっつかないようにしばらく手で広げておきます。
靴2つ(1足)でボンドほぼ1本分を使いました。
15分ほどしてボンドが乾いてきたら、
靴本体と底をくっつけ、あらん限りの力で押し付け、
コンクリートの床にたたきつけて瞬間的に大きな力を加えます。
これでしっかり接着できます。乾かすのがポイントですね。
さて、あと何年履けますか。

広告