Google Talkはもう使えない

もう1年ぐらい前になるのでしょうか。
Nexus7の[Google Talk]アプリケーションが[Hangouts]に変更されたのは。
そのときは名前が変わったぐらいだと思っていました。
ところがぎっちょん、これらはまったくの別物だったんですね。
最近まで気付かない、というより気にしていませんでした。
なぜこの事に気付いたかというと、久々にXMPP(Jabber)クライアントで
サーバの指定を”talk.google.com:5223″としたら接続ができなくなっていたからです。

もうこうなるとチャット系はプロプライエタリに収束ということになりそうです。
Ciscoが未だJabberを担いではいますが、これは個人向けではないですからね。
汎用ということで言えば、一時期MicrosoftがSIP系のものをリリースしていましたが、
こちらもSkype買収により消えてなくなりました。

私としてはISPやサービス提供者が
独自にサーバを運営してユーザにアカウントを発行するような、
電子メールに似た分散システムがXMPPで実現することを大昔から望んでおり、
ついでに、7ビットの呪いがかかった電子メールシステムや
もはや古代の遺物になりかけのPSTNを置き換えてほしかったのですけどねぇ。

現在の三大チャットシステムというと、
やっぱりSkype、Hangouts、FaceTimeでしょうか。一応全部アカウント持ってます。
ちなみに、mixiにしろLINEにしろ、私はワールドワイドでないサービスには加入する気がないので、
こちらは今後も利用することはないでしょう。多分。