auでGSMの国際ローミング

私のメインの携帯電話はauのW62Sで、
すでに購入から数年経過しているもののまだまだ元気です。
そもそもなぜW62Sにしたかと言えば、
購入時に既に旧モデル扱いで端末代金が激安だったというのはあるのですが、
それよりGSMで海外ローミングできるのが気に入ったんですよね。
で、先日香港に行った際にW62Sで
[メニュー]-[GlobalAssortメニュー]-[海外渡航設定]-[エリア設定]を[海外(GSM)]に設定してやると
ちゃんと現地の”3″というキャリアにつながりました。
その状態で現地の携帯電話に電話もかけられました。

実はその通話、必要にかられての発呼だったのですが、
どれぐらいの通話料を取られるか結構ビビっていました。
で、後日来た請求書で確認したところ、
多分1分以内の通話だったと思うのですが通話料は70円取られていました。
まあそんなものでしょう。
さらにauとはプランSSで契約していて無料通話分を月1000円ほどもらっていますが、
その国際電話料金も無料通話分で相殺されていました。
さすがauさん、良心的です。

私に取って音声通話とSMS専用機のW62Sでは、EzWeb料金さえも払っておらず、
auにとっては低ARPUの不良ユーザーでしかないでしょうが、
今後もW62Sが壊れるまでは機種変更もせず持ち続けることを希望しています。
auはLTE網に全面移行してCDMA網を廃止したくて仕方ないでしょうから、
W62Sも数年後には利用不能になると思われますが、
それまでにはVoLTEに対応した音声通話とSMSしかできなくていいので、
超低価格で購入・維持ができる携帯電話を出してほしいものです。

広告