関空と香港国際空港

今回の香港旅行で利用した航空会社ピーチアビエーション
関空ではターミナル2での乗り降りとなります。
このターミナル2、LCC用ということでかなり簡素です。
参るのが音が響いて館内放送がほとんど聞き取れないことです。
ピーチ自体は盛況のようで席はきっちり埋まっています。
利用客はもしかすると日本人より外国人の方が多いかもしれません。
そんな訳でチェックインも荷物預けも出国も混雑して、思ったより時間に余裕はありません。
出国前も出国後(搭乗待ち時)も飲食店はしょぼいですし、
帰ってきたときの設備(預けた荷物が回るカルーセルなど)もどこかの地方空港のようです。
逆にいいのは建物と飛行機の間を徒歩で移動することで、
飛行機を間近に見れ、なかなかのシャッターチャンスです。

香港国際空港では到着は他の普通の航空会社と同様ターミナル1です。
そのまま到着ゲートを抜け、すぐ前のMTR(電車・地下鉄)カウンターで
4年前に買った電子マネーのオクトパスへチャージをしてもらい、
同伴者用の新品のオクトパスも買って、
ついでに九龍駅までの電車のチケットを別で購入し市街地へと向かいました。
価格的にはもっと安くつく交通手段はありますが、MTRは速いので
時間を買うと考えればそう高くもありません。
スマートフォンに挿すSIMカードも構内のコンビニで入手できますが、
それに関して遭遇したトラブルはまた別の機会に。

香港国際空港でのLCCの出発はターミナル2でのチェックインとなり、
出国後に電車(無料)でターミナル1へと移動します。
今回はそこからさらにバスでノースサテライトへ向かい、そこで待つことになりました。
ターミナル2でも出国前の店はそうしょぼくはなく、
預ける前のトランクに詰め込むお土産を購入するのはここが最後のチャンスです。
一応飲茶が食べられる店もあるので、街中で機会がなかった場合はここでどうぞ。
出国後はターミナル1の免税店やフードコートが使えます。
機内で飲む飲み物が欲しかったので、
超高いブランデーを買ったときに店員さんにソフトドリンクはどこで買えるか尋ねると、
このフロアでは無理で上の階のフードコートでということでした。
行ってみたところ、たしかにファーストフード店はたくさんあるのですが、
欲しかったのはペットボトルの飲み物で、サンドイッチ店でようやく見つけることができました。
ノースサテライトがどんな状況か分からなかったため、
用はターミナル1ですべて済ませてしまいましたが、
規模は小さいながらもノースサテライトの設備は充実していて、こちらでもお土産等買えます。
しかし時間を潰すならやっぱりターミナル1ですね。

広告