ピーチアビエーション

今回香港に行くにあたり、以前から注目していた
LCCのピーチアビエーションを利用してみました。関空との往復です。
チケット代は単品で見ると安いのですが、
座席指定したりトランクを預けるのに別料金がかかったりするので、
そのあたりまるっと含んだハッピーピーチプラスをインターネットで予約しました。
予約サイトはわかりやすくて初めてでも問題ありませんでした。
なおずっと観測していると、予約日とフライト日が近づくほど高くなるようなので、
遅くとも一ヶ月前には予約しておいた方がよさそうです。
また国際線の予約にはパスポート番号が必要ですので、その辺逆算しておきましょう。

ハッピーピーチの最安値は片道10000円弱でしたが、
空港利用料等もろもろ含み、さらにホテルを別に取るとなると、
トータルの旅費は、込み込みのツアー料金と大きくは変わらないような気もします。
ですので、海外旅行の経験が少ない方は旅行代理店でパック旅行を買う方がいいでしょう。
またたくさん乗客を詰め込むため座席の前後が近く、はっきり言って激狭です。
ピーチの機材は今のところすべてA320-214で、
席の並びが3列3列なので窓側の席の方がトイレに行くとなると
通路側の2人は通路にでなければなりませんし、
前の方がリクライニングシートを倒しすぎているとそれも障害になります。
個人的にはこれでのフライトは3時間が限界ですね。
香港より遠い東南アジアなんかだと辛そうです。
ということで、足の長い方はLCCは避けるべきでしょう。
ただ、LCCでも一番前の席や非常口の付近は比較的足を伸ばせるので、
追加料金を払ってその席を取ることは可能です。

LCCらしく機内食や飲み物はすべて有料です。
値段の表記は日本円だけでした。他国の通貨が使えるのかは訊いてみませんでした。
まあクレジットカードは使えるので問題はないでしょう。
ただしau Wallet(Master card)だとエラーになってしまい使えませんでした。
au Walletは決済場所によって使えない事があるのでサブのカードにしかなりません。
ということで往路の機内ではJCBで支払いました。
しかしCAさんを見るに現金での支払いの方が楽そうだったので
復路では現金(日本円)で支払いました。
ついでに言うと、海外ではJCBが使えないことが多いので、
AMEX、VISA、Masterのどれかは携行すべきです。

復路の話になりますが、香港国際空港で登場を待っていると、
ピーチの飛行機が到着し、1時間も経たずそのまま出発便になったようです。
パイロットやキャビンアテンダントが乗り降りした様子もなかったので、
どうやらとんぼ返りのようです。
そうなると乗務員の拘束時間は8時間を越えると思われ、香港便は激務になりそうです。
なお帰りの飛行機では機内食等が25%割引でした。
賞味期限のあるものは余らしても捨てるだけになってしまいますからね。

いろいろな意味でいいLCC経験になりました。
でも事情が許すなら次からはFCCにしたいな。

広告