iPhone4Sが文鎮に?

2年半前に買ったiPhone4S。
もともとそれほど使ってなかったのですが、現在は限りなく退役に近い予備役状態で、
アプリケーションのアップデートをしておこうと、昨夜一ヶ月ぶりに電源を入れました。
で、[App store]アプリケーションから[アップデート]メニューを開いて[アップデート]しようとすると
“iTunes Storeに接続できません”と言われてしまいます。
しかたがないのでとりあえず[おすすめ]メニューを開いてみると
OSをアップデートしろと言われてしまいます。
実はiOSは6.1.3のままにしていたんですよね。
まあこの症状、古いOSのせいではなく、
Apple側に障害があったのが原因のようで、それを知ったのは今朝の事です。
しかし奇跡的な確率で障害に出会ってしまったものです。ついてない。

iOSを古いバージョンのままにしているのは特に理由があるわけでもなく、
最近は6系では動かないアプリケーションも散見されるので、
この機会に一機に8.2まで上げてみました。

ファームウェアのダウンロードには30分ほどかかり、
それが完了するとリンゴマークとプログレスバーが出ている画面で書き込みが進みます。
ところがプログレスバーも残りあとわずかというところで完全に止まってしまいました。
そして数時間経っても変わらない。
しかも電源ボタン長押しで強制電源オフできない。
アップデートに失敗して文鎮化かよ!
幸いにもホームボタンと電源ボタンの同時長押しで強制リセットはかけられ、
もう一度書き込みが始まって今度は無事成功しました。
まったく心臓に悪い。

8.2となったiPhone4S、
今風のデザインになり、使いやすいんだか使いにくいんだか微妙です。
動作がちょっと遅くなったような気もしますが、気のせいかもしれません。
なにはともあれ、これでiPhone4Sでもingressが動くようになりました。

広告