PET/CTで半減期を体感

昨年一昨年に続き、今年もPET/CTを受けました。
もう飽きてきたので特に新しい機材を調達することなく、
昨年と同じくiPhone4S + ポケットガイガー Type4でγ線の強度測定をしておきました。

FDG投与からの経過時間とγ線強度の関係は以下のようになりました。
なお測定時間に数分を要することもあって、経過時間はそれほど正確ではありませんし、
検査などの合間に測っているので経過時刻は不定期になっています。
測定箇所は心臓あたりです。

経過時間(時) cpm μSv/h
0:00 1144.34 21.58 ± 2.74
0:30 1218.16 22.97 ± 4.00
0:50 775.20 14.62 ± 4.22
1:25 968.99 18.27 ± 4.72
1:35 936.69 17.66 ± 3.28
5:10 1324.29 24.97 ± 0.81
5:50 1247.78 23.53 ± 0.50
6:15 1201.63 22.66 ± 0.42
6:40 1169.84 22.06 ± 0.40.
10:25 407.83 7.69 ± 0.17
10:55 324.85 6.13 ± 0.15
11:25 261.40 4.93 ± 0.14
12:05 193.95 3.66 ± 0.12
20:50 12.01 0.23 ± 0.03
22:15 8.21 0.15 ± 0.02
23:05 7.01 0.13 ± 0.02
24:00 3.20 0.06 ± 0.02
25:00 4.00 0.08 ± 0.02

10時間を越えた辺りからは半減期が約2時間の理論値に近いですね。

ポケットガイガーType4はiOSデバイスでないと使えませんが、
今後iOSデバイスを購入する予定は今のところないですし、
初代iPadはOSのバージョンのためか測定アプリケーションが動作しなくなってしまいました。
最近はiPhone4Sもほぼ使っていなですし、測定は多分今回が最後ですね。
ガイガー・ミューラー管の計測器でも手に入れたらきっとやります。
が、そう安いものではないので。

広告