ITサービスマネージャ

今年の秋はITサービスマネージャ試験を受けました。
正直この分野は得意でもなく経験がある訳でもなく、興味の薄い分野でもありますが、
だからこそ学べば新しい考え方も知れるのかなと思いつつ受験することに。
まあIPA高度試験の全クリアの方が目的としては大きいんですけどね。

で、勉強ですが、午前Iは免除なのでおいておいて、
午前IIと午後Iは春のプロジェクトマネージャ試験が終わった直後に参考書を読み、
そこに載っている過去問を見て、私のこれまでの知識で十分解けると判断しました。
しかし午後IIの論述試験はどの問題を見ても完成形のイメージすらわきません。
まったく書ける気がしないので練習をすることもなく半ば諦め。
ということで数か月間まったく手つかず、
受験1週間前から参考書をぱらぱらめくる程度で本番に突入しました。
午前IIと午後Iは予定どおりまあまあ出来ましたが、
午後IIは構想に時間がかかりすぎて時間配分が理想どおり行えず、
問3の書き始め時点ですでに残り20分弱。
こうなると綺麗に書くなんてのは二の次で書きなぐり、
字数を稼ぐためひらがな多用で、どうにかノルマの600文字に到達。
残り時間は1分ありませんでした。

それで結果はというと予想通り不合格でした。
が、予定外に午後Iで落とされてます。
午前IIは76点獲れていますが、午後Iは48点とボーダーの60点に届いていません。
もう少し勉強する必要がありそうです。
逆によかったのは午後IIの記述式の解答が誰の目にも止まることなくお蔵入されることです。
もはや何を書いたか思い出せませんが、かなり悲惨であることは間違いないので。

まあIPAの秋季試験で未合格なのはこのITサービスマネージャだけですし、
また来年受ければいいかと。
負け惜しみじゃないんだからね!!

広告