Nexus7にAndroid 5.0が来た

LollipopことAndroid 5.0が私のNexus7(2013/WiFi)に降ってきました。
先週末には、先日紹介したダウンロードサイトから
5.0のファクトリーイメージが入手可能になっていましたが、
特に急いでもなかったのでOTAが来るまで待っていました。
そして思っていたよりも早く今朝届きました。

というわけで早速バージョンアップしました。
ダウンロードサイズは500MB程度です。
Androidバージョンは”5.0″、
ビルド番号が”LRX21P”、
カーネルバージョンが

3.4.0-gfa84206
android-build@vpbs1.mtv.corp.google.com #1
Web Oct 15 05:33:45:UTC 2014

になりました。

で、ちょっと使ってみた感想は…まあ別にどうってことないです。
デザインはiOSの進化と同様に、よりフラットかつボーダレスになっています。
画面上の要素変化時のエフェクトもよりぬるぬるです。
使いにくいのは、4.4で画面上端左を下にスワイプすると通知が、
上端右だと無線LANをはじめとした設定が引き出せていたのが、
画面上端どこでも通知が出て、設定関係はさらにスワイプして引き出す必要があることです。
あと[設定]アプリケーションのデザインが大幅に変わっています。
設定項目の分類は4.4から変わっていないようなので迷うことはないのですが、
Androidを使う上で肝となのに、[設定]アプリケーションはバージョンアップする度に
アイコンが変わったり分類が変わったりと忙しないですね。

他に変わったと言えばイースターエッグ(裏技)にゲームが加わったことです。
Droid君が障害物となるLollipopをジャンプ(スラスター出力)で避ける
バルーンファイル風のちょっとしたアクションゲームなのですが、激ムズです。
もう少しバランス調整してほしかった。
ちなにみイースターエッグは[設定]アプリケーションの
[タブレット情報]メニューの[Androidバージョン]をタップ連打することで出現します。
なお出し方は2.3のころから変わりません。
出てきたLollipopの文字あたりをロングタップするとゲームが始まります。

ところでAndroidでは4.3から4.4になる過程で、
画面上端のステイタスバーのアイコンが全て白一色に統一されました。
なぜ地味になる方向に変更となったのか疑問だったのですが、その理由が分かりました。
5.0ではステイタスバーの背景色がアプリケーション(アクティビティ)によって変わるんですね。
代表的なところで言うとGmailで赤、Google Playの[マイアプリ]で緑、Keepで黄色になります。
4.4での白化は背景色が何色でも識別性をよくするための5.0への布石だったんですね。