isaiでBluetoothテザリング

私にとってisaiは6つ目のスマートフォンなのですが、
Bluetoothテザリングができる機種は初めてです。
ということでBluetoothテザリングを試してみました。

基本的にはisaiの[設定]アプリケーションで[Bluetooth]をオン、
[テザリングとネットワーク]メニューの[Bluetoothテザリング]をオンにし、
[Bluetooth]メニューからisaiと他の機器をペアリングする作業は最低限必要です。

最初にMacです。
画面右上の[Bluetooth]アイコンの[Bluetoothデバイスを設定]でペアリング完了後、
[Bluetooth]アイコンの[LGL22]-[ネットワークへ接続]メニューの実行で接続できます。
なお、通信速度を量ってみたところ、Wi-Fiテザリングでは8.3Mbps出ている状況で
Bluetoothテザリングでは3.5Mbpsしか出ません。
Bluetoothの転送速度を考えれば仕方ありませんが、
私の場合それだけ出れば十分ですし、消費電力はBluetoothの方が断然少ないので、
用途により使い分ければいいでしょう。

ちなみにBluetooth/USBテザリング時に外部アクセスとして利用できるのは
3G/LTE回線だけでなくWi-Fiもそうで、
通常のisai内部からの通信と同様にWi-Fi接続が優先されます。
あまり意識せずに速い回線を使ってくれるので便利ですし、
SIMカードに紐付けて認証されるようなWi-FiもPCから間接的に使えます。
どちら経由でアクセスしているかを判別するのは、
アクセスもとのIPアドレスを表示してくれるようなWebページで、
自グローバルIPアドレスを確認するのが簡単ではないでしょうか。
auのスマートフォンのグローバルIPアドレスは決まっているので、
これに当てはまれば3G/LTE経由、そうでなければWi-Fi経由ということになります。

次にWindows7からisai経由でネットアクセスしてみます。
ペアリング完了後、[デバイスとプリンター]で[LGL22]を選び、
メニューのリボンから[接続方法]の[アクセスポイント]を実行するだけです。
この作業はPC起動毎に実行する必要があります。
BluetoothのネットワークインターフェイスがDHCPを使うようになっていれば、
isaiがローカルIPアドレスをWindowsに自動的に割り当ててくれ、
インターネットへアクセスできるようになります。

最後にNexus7(2013)です。通常通りペアリングし、
Nexus7の[設定]アプリケーションの[Bluetooth]メニューから
[LGL22]の[設定]アイコンをクリックし、
[インターネット接続の共有]を有効にすれば完了です。

Bluetoothはたくさんの機器といろいろペアリングするとめんどくさいことになるので、
私はこれまで好んで使うことはなかったのですが、
その面倒を上回るメリットがBluetoothテザリングにはありそうです。

広告