Windows7でフォルダが消せない

Windows7でデスクトップに置いていたフォルダにとんでもないことが起きました。
消そうとしたときに中にあるファイル1つが消せず、フォルダは残ったままになりました。
パーミッションの問題かと思いちょっといじっていると、
今度は開こうとしたとき[場所が利用できません]なるエラーダイアログボックスが出るようになりました。
[プロパティ]の[セキュリティ]タブには
「要求されたセキュリティ情報は利用できないか、または表示されません。」と出てますし、
削除しようとすると[項目が見つかりません]なるエラーダイアログボックスが出ます。
一体どうすりゃいいんだか。

答えはchkdskです。
エクスプロラーから該当ドライブの[プロパティ]を開いて、
[ツール]タブの[エラーチェック]で[エラーチェックする]をクリックし[開始]します。
システムドライブの場合はその場ではできませんが、PCの再起動時に実行できます。
これで無事にゾンビフォルダが消えました。
よかったよかった。