Twilio

その昔、電話で高度で複雑なことをやろうすると、
PBXを含んだ高価なソリューションをうまいこと設定する必要がありました。
その後はサーバ+PSTN抜け装置+IP電話機(or PC+IP電話ソフト)を組み合わせて
いろいろプログラミングできるようなソリューションが登場し、
サーバをクラウド側で持つ(セントレックス型)ようなサービスも出てきたりもしました。
Twilioはそれをさらにインターネットに溶かし込んだようなサービスと私は認識しています。

登場当初からTwilioに若干興味はあったものの、
個人で利用するにはあんまり面白い使い道が思い浮かばなかったのと、
料金がそんなに安くなかったので加入することはなかったのですが、
先ごろの価格改定でお手ごろになったので利用してみようと思い立ち、
まずは無料サインアップしてみました。
なお電話番号をもらうためには携帯電話にSMSで認証用コードを送ってもらう必要があります。
“+81″の後に自分の携帯電話の番号の最初の”0″を抜いたものを入力しましょう。
私はauの番号を入れて成功しました。
その後この携帯電話番号は無料のトライアルアカウントでの唯一の通話相手テスト通話に利用されます。
テスト通話が終了するとダッシュボードにログインできるようになり、ここからいろいろできます。

なおダッシュボードの[使用状況]を見ると、
無料トライアル中でも料金がしっかり発生しているように見えビビりますが、
FAQに請求されない旨が書かれています。
ここの請求額が閾値(非公開)を超えるまではタダで試せるのでいろいろ遊んでみましょう。

遊ぶに当たって、Twilioではじめるクラウド電話開発
Androidアプリちょい足し開発レシピ(2)(3)
あたりは一読をお勧めします。
あとはリファレンスを地味に見ていくぐらいでしょうか。