じぶん銀行

キャンペーンに釣られてau WALLETに加入してしまった私。
さらに釣られてじぶん銀行に口座を作ってしまいました。

さて、じぶん銀行とはKDDIと三菱東京UFJ銀行が共同出資するネット専業銀行です。
名前がかっこわるいので興味もなかったのですが、特典というのは恐ろしいものです。
ちなみに英語社名はなんていうんだろうと思い調べてみると、
“Jibun Bank Corporation”だそうです。想像したのと違ってました。

近年は振り込め詐欺等の犯罪利用を防ぐため、
銀行口座の開設時には本人確認が行われ、
過去ネット銀行に口座を作ったときもなんだかめんどくさかったような記憶があり、
ウェブページから申し込んで送ってもらった書類を送り返すのが基本だとは思うのですが、
じぶん銀行ではそういう方法の他にも、手間のかからないイカした方法が準備されています。
カメラ付きスマートフォンで専用アプリケーションを使うのです。

[じぶん銀行クイック口座開設]アプリケーション(iOS/Android)では
手順に従って運転免許証をスマートフォンのカメラで撮り、
間違って認識された個人情報の修正や、
携帯電話番号・携帯Eメールアドレス等を追加入力することで申請ができてしまいます。
この携帯電話番号はアプリケーションを動かしているスマートフォンの電話番号である必要はなく、
私のSIMなしiPhone4SでもWi-Fi経由でいけました。
なお私のようにキャリアメールを使っていないと携帯Eメールアドレスがないのですが、
幸いにも*@gmail.comもOKということで問題にはなりませんでした。

1週間ほどでキャッシュカードが郵送されてきました。
そして同梱されていた書類を見てびっくり。
なんとキャッシュカードにはATMロックがかかっているっぽいのです。
このATMロック、スマートフォンの専用アプリケーションなど(PCでは無理)から
ロック解除操作することでその後60分間だけATMから現金引出等ができるようになっていて、
より安全ということらしいのですが、
それって通信できる状態のスマートフォンを持ち歩くことが前提ということですよね。
電話+SMSの携帯電話では歯が立たず、あまり歓迎できる機能ではありません。
しかも最近は振り込め詐欺対策で銀行のATMの前で電話をいじっていると
行員から声をかけられる可能性がありますし、
銀行によってはATMのあたりはわざと電波妨害で通信できなくなっていたり
することもあるみたいですし、
セキュリティの名の下にまた不便が増えてしまいます。

しょうがないので[じぶん銀行]アプリケーション(iOS/Android)をインストールしてみました。
立ち上げて[アプリ利用設定]から口座情報を入力し、
[セキュリティ]メニューをみるとATMロックについて
「現在、この機能は有効になっていません。」と書かれています。
どうやら[じぶん銀行クイック口座開設]アプリケーションから開設した場合は
ATMロックはデフォルトで無効になっているようです。
ということで私の心配は杞憂に終わりました。
まあ必要であれば、ここから[ATMロック設定を有効にする]を実行すればいいでしょう。

なお、ATMの手数料は完全無料ではないので運用上注意が必要です。
まあ私の場合は実質au WALLETチャージ専用と化しそうなので問題はないでしょう。