スマートフォンだけでいいかも

現在P-01Dはデータ通信のみのSIMカードを入れて、
必要なときだけ電源をオンにする運用を続けております。
日本通信のSIMの期限切れを機に、
初期費用無料キャンペーンにつられて楽天のSIMに替えたのですが、
なんだかバッテリーのもちが良くなったような気がしたので試験してみました。
結果は…気のせいでした。やっぱりセルスタンバイは50%です。

ところで、私はP-01Dの無線LANを常にオンにしていて、
これだと丸一日でバッテリーを使い切ってしまいます。
基本的に無線LANが使えるところでは通信速度の面から無線LANを使いますし、
ナビの精度向上のためにも無線LANは有効ですし、
テザリングする場合は無線LANを使わざるを得ないためしょうがないのですが、
よく考えてみると無線LANをオフにすれば、ほぼ使わないという条件があるにしても
最大4日間ぐらいは充電しなくても使えるんですよね。
しかも以前の日本通信SIMだと通信速度が低速固定だったのが、
今の楽天SIMは高速通信分があるので無線LANオフのままでも結構使えます。
ということで、P-01Dを電源入れっぱなし、充電できないときは無線LANオフとし、
死蔵気味のFusion IP-Phone Smartを電話として待ち受けても
十分実用になるような気がしてきました。
遅延が決して小さくないのはこの際おいといて。

そうすると2台持ちの普通の携帯電話のほうはもういらないと。
困るのはSMSですが、最近はSMS付きの単体SIMカードもありますし、
いよいよ10年以上継続契約しているau回線の廃止もありえないことはない状況になります。
間近に迫ったSoftbank iPhone4Sとみまもりケータイ2の
満2年(MNP or 解約)問題と合わせ、悩む日々が続きそうです。