チルトシフトアダプタ

最近カメラ関係の話題が多いのでついでに書いておきます。

カメラの光学軸を傾けたりずらしたりすると、ピントがぼけて変わった写真が撮れます。
現実の風景を撮っているのにミニチュア風というかジオラマ風というか、
なんとも味のある一枚になります。
それを実現するのがチルトシフトアダプタで、
レンズ交換式カメラのボディとレンズの間に挟みこんで光軸の調整を行います。
このアダプタ、原理は簡単なのですが、それを実現するとなると構造的にごつくなり、
低需要もあってかなり高額になってしまいます。

実は樋野製作所がそこそこの価格で
チルトシフトアダプタの発売を予定しております。
マイクロフォーサーズのボディとフォーサーズのレンズを組み合わせる製品のため、
フォーサーズのレンズを持たない私には縁がないのですが、
ちょっと興味があってブックマークをつけて時々見に行っています。
だたし、もう2,3年音沙汰がありません。どうなっているのか非常に気になります。

広告