OneDrive

大人の事情でSkyDriveからOneDriveに名称変更したMicrosoftのクラウドストレージサービス、
日本時間の昨日夕方以降に改名記念キャンペーンが実施されることが発表されました。
プレゼント内容は先着の10万人に1年間だけ有効な追加容量100GBです。
Microsoftの本国アメリカとの時差や先着10万人という条件を考慮すると、
日本在住者がゲットするのはかなり厳しいと思いつつも、
起きている間はちょこちょこチェックしていました。
で、今朝起きてみると案の定すでに終了しています。
まあクラウドで100GBともなると私のような回線が細いユーザには
アップロードやダウンロードが大変ですし、
1年後のバックアップは悪夢ですのでもらってとしても有効活用はできないでしょう。
と、一応強がりを言っておきます。

それはさておき、キャンペーン以外にも無料で追加容量をゲットする方法が準備されました。
Outlook.comにログインして
メインページの左上の[Outlook]アイコンのすぐ右の下矢印(Vマーク)をクリック、
[SkyDrive](いずれ[OneDrive]に修正されるでしょう)を選択し、
[歯車]アイコンの[オプション]メニューの[容量の管理]で詳細がわかりますが、
要するにお友達紹介とスマートフォン・タブレットの連携(カメラロール)です。
DropBoxや故ZumoDriveのパクリですね。

カメラロールでの容量アップは[OneDrive]アプリケーションのインストールが必要です。
AndroidではGoogle Playから”OneDrive”を検索すれば見つかりますし、
iOSではこちらとなります。
あとは各アプリケーションを立ち上げログインし、
設定メニューから[カメラ(の)バックアップ]を[オン]にすれば3GBもらえます。
もらえるのは1つのアカウントにつき3GBが一回限りです。
私は7GBしかない比較的新しく作ったアカウントでゲットできました。これで10GBです。
しかし古から利用している25GBアカウントについては増えません。
スマートフォンやタブレットをとっかえひっかえ試してみましたがだめです。残念。
なおスマートフォン(タブレット)が1台あれば複数のアカウントにログインしなおすことで、
すべてのアカウントで3GBもらえます。
独自ドメインで一人でたくさんアカウントを使っているような場合でも、
手間さえ惜しまなければ全アカウントで容量アップが可能です。
まあ期限があるわけではないようなのでゆっくりやればいいでしょう。

広告