BluetoothでPC間ネットワーク

ちょっとしたきっかけでbluetoothヘッドセットBT-A1SS購入してから
個人的に第二次Bluetoothブームが起きています。
まもなく収束すること間違いないのですが。

さて、最近Bluetooth界隈では面白いことが目白押しで、
ラジコンカーとかヘリコプターとかボールなどホビー系が盛んですし、
電子工作系でもいろいろ遊べそうです。

が、もっと実用的なことで何かないかと考えていて思いついたのが
2台のPCをBluetoothでつないでネットワークにしたらどうだろうということです。
スマートフォンとPCをBluetoothでテザリングという話はよく聞きますが、
PC間についてもPANプロファイルを利用すれば可能なはずですから、
ちょっとやってみることにしました。まああんまり需要もないでしょうが。
機材の都合上Windows7とWindowsXP(+Motorolaスタック)の2台のPCをつないでみます。
なおBluetoothデバイスのセットアップやペアリングはすでに完了していることを前提とします。

WindowsXPでは[コントロールパネル]の[My Bluetooh]を開き、
[Bluetooh タスク]フレームの[Bluetooth設定]をクリックして、
現れたウィンドウで[ネットワーク設定]タブを開き、
[Bluetoothネットワークを有効にする]を有効にします。
[マイ ネットワーク]の[プロパティ]からBluetoothのアダプタの[プロパティ]を開き、
IPアドレスを固定設定してしまいます。

Windows7では[デバイスとプリンター]でWindowsXPを選び、
メニューのリボンから[接続方法]の[アドホック ネットワーク]([直接接続]でもいい)を実行します。
この作業はPC起動毎に実行する必要があります。
そしてこちらも同様にIPアドレスを固定設定にしてしまいます。

なお、ここで使うIPアドレス(サブネット)はプライベートなもののうち、
WindowsXPやWindows7がつながっているネットワーク上にないサブネットである必要があります。
でないと面倒なことになります。

この状態で先に設定したIPアドレスに向けVNCでアクセスすると
ちゃんとリモートデスクトップできますし、ファイル共有も可能です。
何かの都合で別ネットワークにつながっている相互アクセスできないPCが2台あるなら、
Bluetoothでつないでファイルコピーとか便利ですね。
もちろんBluetoothはLANより速度が遅いことは覚悟しなければなりませんが。

広告