いよいよSUPERBOWL XLVIII

9月に開幕したNFLのシーズンもいよいよ今週末のSUPERBOWL XLVIIIで終わりとなります。
日本では月曜朝になりますけど。
ちなみに今年も地上波では録画も含めて中継はないようで、
NHKのBSかCSで生中継/録画放送を見ることになります。

さて、今シーズンのNFLはWeek1の前半のイーグルスのハイテンポオフェンスが衝撃的で、
かなり面白いことになるかと思いきや、初戦後半で早くもトーンダウンし、
その後はグダグダになってしまいました。
シーズン中盤にQBが交代して最終的にプレイオフ出場は果たしましたが、
とにかく初戦前半のフットボールが楽しすぎ、その印象しか残りませんでした。

シーズン前からの流れで行けば、いつも強すぎるので大嫌いだったペイトリオッツが、
いろいろあってチーム状況がガタガタになり、今年はどうかと思っていたところ、
やっぱり強かったというのも印象的でした。
ただ圧倒的な強さはなく、結構ひやひやだったので、
AFCチャンピオンシップはペイトリオッツを応援していました。
私ブロンコスファンなんですけどね。

49ersは今年は期待していましたが、
フルハウスフォーメーションとかほとんど見せることがなかったのは残念です。
あれ結構好きなんですけど。
正直今年の49ersの試合は大して面白くありませんでした。
強い弱い以前の私の好みの話なので反論とかしないように。

話を戻してSUPERBOWLです。
ブロンコスとシーホークスという、各カンファレンスの第1シード同士の対決となりました。
なんとも順当過ぎるカードではあります。
私は一応ブロンコスファンで、昔からこの日が来るのを待ってはいたのですが、
ペイトン・マニングのフットボールはコルツ時代から好きではなく、正直微妙です。
QBがティム・ティーボウなら素直に喜べたんですけど。
そもそもティーボウならここまで勝ち残ることはなかったという話は置いておきましょう。

まあそうは言っても年に一度のSUPERBOWL。
ブロンコスを応援しながらテレビ観戦したいと思っております。
オフェンスのブロンコスとディフェンスのシーホークス、
ほぼ走れないパサ-QBとモバイルQBの対決と言うのは興味があります。
基本的に能力的には拮抗しているので、お互いのウィークポイント、
パス守備の弱いブロンコス(数値上のトリック含む)を
パス攻撃の弱いシーホークスがどう攻めるかが鍵と予想しています。
強いラン攻撃を見せながらプレイアクションを効果的に繰り出せばシーホークスに勝機はありそうですが、
マニングのパスオフェンスをある程度抑えることが前提条件でしょう。
寒冷地ニューヨークの屋外スタジアムという地の利と
マニングがプレイオフにめっぽう弱いということで、
その前提条件が満たされそうなのは気になるところです。
もちろんマニングはそのことを計算に入れた上でレギュラーシーズンを戦っていたふしがあり、
今シーズンのプレイオフの調子を見ても悪くはなさそうなので、
私はブロンコスの勝利に一票入れたいと思います。
どうやら世間とのずれはあるようですけど。

勝敗と共に気になるのが当日のニューヨークの天気です。
週間天気予報では雨となっており、
どうせなら伝説のスーパースノーボウルを見たい私にとってはやや残念です。
最悪の場合順延も検討されるようですが、試合を見ている分には雪のほうが面白そうなので、
ぜひ適度な雪にはなってほしいですね。
今後雪の中でSUPERBOWLが行われることはないでしょうから、
あっ、雪が降ったらシーホークスの勝ちです。