簿記

今年も確定申告の季節がやってきます。
この時期になると毎年税金についていろいろ知識を吸収していくのですが、
ふと、青色申告(65万円控除)ぐらい自力で出来るぐらいになりたいなと思い、
複式簿記について興味が湧いてきました。
貸借対照表や損益計算書を書けるようになれば
企業が発表するそれらの見方も変わって
そっち方面のレベルが上がるかもしれませんし。

ただ勉強のモチベーションが必要ということで、
とりあえず日商簿記3級を受験してみることにしました。
最寄の商工会議所のホームページでスケジュールを確認すると
なんと一ヶ月ほど先の2月末実施分の申し込みにまだ間に合います。
ということで早速受験料を払い込みました。

学習の手引きとするのはパブロフ流でみんな合格 日商簿記3級です。
Kindle版があるからという安直な理由で選びましたが、
正解かどうかは合否で判定することになります。
ちなみに私にとっては初の有料の電子書籍になりますので、
機会があれば読み心地等もレポートするつもりです。