Kit KatでNexus7が当たった

ただ今Kit KatでNexus7が当たるキャンペーンが絶賛開催中ですが、
なんと当選してしまいました。嬉しいクリスマスプレゼントです。

日本ネスレからのメッセージが同封されていました。

9月からせっせとKit Katを食べながらも、
くじ運のない私にまさか当たるとは思っていなかったのですが、
もしかすると対象製品のハードルがかなり高いため応募が少なかったのかもしれません。
送付タイミングからすると12月10日に締め切りの第二回抽選で当たったと思われ、
この期間に送ったハガキは1枚だけでしたのでかなりの低確率です。
ちなみにハガキは計4枚送っており、つまりKit Katの20袋分に相当します。
ということで投資金額は約5000円となります。
Nexus7(2013)の16GBは27800円なので、言わばROE(株主資本利益率)は550%です。
まあ単に運の問題ですが。

さて、Nexus7を起動して驚きました。
なんと選択できる言語が”スペイン語”と”フィリピン語”(いわゆるタガログ語)と”フランス語”という暴挙です。

もちろん設定で日本語にしさえすれば普通の日本人にも使えるようにはなるのですが、
これってAndroid(4.0以降)の基礎知識がないとかなり厳しいことになります。
どこ向けの商品なのかわかりません(まあフィリピンでしょう)が、せめて英語を…
ワールドワイドに調達して割り当て分を日本に配っているだけかも知れず、
日本ネスレの中の人も多分気付いていないんでしょうね。
って、このあたり出荷時期によってまちまちだったりして。

で、私はとりあえず”Filipino”を選択して、あとは全部無視でホームメニューまでたどり着き、
丸に点6つのボタンからアプリケーション一覧を開いて[Mga Setting]アプリケーションを開き、
[Wika at input]メニュー内の[Wika]メニューをタップし、
リストの一番下から[日本語]を選択して何とかなりました。
なお、入っていたAndroidは4.3でしたが、
ネットにつなげていると4.4.2をダウンロードしてくれたのでそのままアップデートしました。
これでめでたくKitKatです。

さて、今回Nexus7と一緒にアプリケーション購入用の500円分のクーポンコードをもらいました。
これは[Playストア]にチャージしたいアカウントでログインして
[コードを利用]メニューに入力することで利用可能になります。
チャージできたかどうかはウェブブラウザでGoogle Walletにログインして
[Payment Methods]メニューを見れば確認出来ます。
さて何を買うかな。実はGoogle Playで有料アプリケーションって買ったことないんですよね。