ネットワーク越しのadb

Androidスマートフォン/タブレットについているUSB端子をPCと接続することで
adbが利用可能になりますが、
有線なUSBよりネットワーク(無線LAN)越しに接続した方が便利な場面は多々あります。
Androidの比較的新しいバージョンではUSBホスト機能を実装しているため、
そちらでふさがってしまうこともありますし。

さて、ネットワーク越しで接続する前に普通にUSBでadb接続して

$ adb shell ifconfig wlan0

を実行し、端末のIPアドレスをメモしておきます
(無線LANインターフェイス名が”wlan0″であると仮定)。
もちろん他の方法でIPアドレスがわかるならadbを使う必要はありません。
さらに

$ adb tcpip 5037

を実行します。
5037はTCPのポート番号なので空いていればなんでもいいのですが、
とりあえずデフォルトと同じにしておきます。
これで端末側の準備は完了です。
なお、

$ adb usb

を実行することでUSB接続にもどります。

今度はPC(ホスト)側で

$ adb connect <端末のIPアドレス>:5037

を実行することで接続先がネットワーク越しに設定されます。
この状態で

$ adb logcat

$ adb shell

をするとネットワークで接続した端末へコマンドを発行できます。

ちなみにこの方法はすべてのAndroid端末で可能とは限りませんので、
だめなら素直にあきらめましょう。

広告