クラブニンテンドーが2014年度へ

今年もクラブニンテンドーの新年度が始まりました。
昨年度はWiiUのロンチに伴い、
本体同時発売のNewスーパーマリオブラザーズUNintendo Landを発売日に購入したので、
早期にプラチナ会員まで上り詰めましたし、
Nintendo3DSやWiiUのゲームの体験版のアンケートだけでも
びっくりするくらいのポイントを稼ぎました。
で、その後購入したゲームは登録せずに勝手キャリーオーバーして新年度分としました。
以前も同じようにしてそれが功を奏しちょっとマリオな3DSをもらいましたが、
今回もちょっとラッキーなことが起きました。
来年1月中旬までに3DSのゲームを2つ登録することで、古めのゲーム14本から1本、
ダウンロード版がもらえるキャンペーンが始まったのです。
が、そのもらえる14本のラインナップを見ると、半分はすでに十分遊んだもので、
あとの半分もめんどくさそうなゲームが多くて手を出すのに躊躇します。
ある意味逆アンバサダー的なキャンペーンでちょっと萎えます。
アンバサダーの称号を持つユーザには特別待遇があってもいいんじゃないでしょうか?

ちなみに、今年度はパッケージ版ゲームについては早期購入ポイント等がつかなければ登録は保留し、
ダウンロード版と体験版のアンケート、売却するゲーム、それに登録期限が迫るゲームでポイントを稼いで、
年度末の9月半ば時点でプラチナ会員に届かない分を保留分で埋め、
あとは次年度にキャリーオーバーすることにします。
9月半ばなら今回のようなキャンペーンでも救われる可能性がありますしね。

広告