iOS6にバージョンアップ

私のiPhone4SにiOS6が降ってきてからどれぐらい時が経ったでしょうか。
マップの劣化がひどいことが目に見えていたのでそのままほったらかしにしていました。
まあ当時からMapFan(MapFan+の前身)を持っていたので即日バージョンアップしても問題はなかったんですけど。
その後もマップがだいぶ改善されていることを聞いても、
Google社製マップアプリケーションGoogle Maps(iOS 5.1以降)がリリースされも、
iOS5で特に困ったこともなかったのでそのままで使っていました。
しかし最近iOS6でないとだめなアプリケーションに出会ったり、
どうやらiOS7のリリースも近いっぽいので、
できるうちにということでiOS6.1.3にバージョンアップすることを決断しました。
なおiOS7へのバージョンアップは評判を聞いてから考えることにします。

で、いざアップデートしようとするとストレージ容量が足らないとか言われてしまいました。
しょうがないので 巨大なアプリの元素図鑑を消してから再チャレンジしました。

iOS6の使い心地はというとマップを除けば私が使う範囲では大して変わりません。
アプリケーションのアップデート過程は6の方が好みというぐらいでしょうか。
唯一期待していたJIS配列キーボード(Bluetooth接続)への完全対応もやっぱりされていませんでした。
まあ純正品を買えというAppleからのメッセージと受け取っておきましょう。
現状でも使えないことはないですし。

ところで古いiPadは…見捨てられてしまいました。
まあiOS5でも十分ですから。
いやむしろiOS4の頃のほうが軽くてよかったですね。
といってもタブブラウザじゃないiOS4に戻りたいとも思わないんですけど。

広告