フェイク着信って何?

私は携帯電話を複数台持ちしており、
音声通話+ショートメッセージ用にはauのW62Sを利用しています。
調べてみると2008年3月発売ということなので、もう5年経ったんですね。
私が手に入れてからは4年半ぐらいだと思います。
ずいぶん古い機種を使ってるとお思いかもしれませんが、
GSMで海外ローミングができ、軽薄短小で、
待ち受けだけなら2週間は充電する必要がないので、
2台持ちの片割れとしては最適な機種だと思います。
予備バッテリーも1つ確保してあるので、
電波等の都合で使えなくなるまでは買い替えるつもりはありません。
回線交換網はCDMA2000 1X MCですが、
LTEでも今後しばらくは音声通話にはこちらの網を使うでしょうから、
音声通話+SMSだけならあと10年は十分使えると期待しています。
まあ旧世代データ通信専用網のCDMA2000 1X EV-DOは
キャリアとしてはLTEに転用したいでしょうから、
こちらは早々にサービスを切り上げると思われ、
そうするとこれから5年後というのが停波の時期のように思われます。
日本では今年中くらいにVoLTEが始まるようで、
対応端末が普及するとCDMA2000 1X MCも用無しになりますが、
LTEの国際ローミングはお寒い状況ですので、
実際には相当長い間最低限の設備が維持されると推測しています。
それこそ今のGSMみたいな状況になりそうな気が。

さて、W62Sはいつもマナーモード(バイブ)にして鞄に放り込んでいるのですが、
先日突然着信音が鳴り出しました。
確認すると[フェイク着信]と表示され、電話を取っても何の音も聞こえてきません。
いったい何なのか調べてみると、
auの一部機種に実装された着信があるフリをする機能で、
W62Sでは発信ボタンの長押しで発動するようです。
折りたたんでいたのに鞄の中で奇跡的に何かがあたって
偶然[発信]ボタンが長押しされたというのはちょっと解せないのですが、
長年使った携帯電話にも知らない機能はまだまだありそうですね。