Windows8の64ビット版インストールDVDをダウンロード

現在私が使っているWindows8は32ビット版です。
インストールDVDを入手する方法はいくつかありますが、
ケチな私はDVDイメージをダウンロードして焼いて使っています。
ところがダウンロードする方法では32ビット版しか入手できません。
というのもWindowsの32ビット版からは32ビット版しかダウンロードできず、
64ビット版からは64ビット版のみダウンロードできます。
手元に32ビット版しかない私には64ビット版がダウンロードできません。
かといって今更インストールDVDを買う気にもなりませんし、
32ビットでも困らない、というかむしろ64ビットだと困る可能性があるので現状で問題ありません。

しかしできれば64ビット版インストールDVDも手に入れたいなとずっと考えてはいました。
そこで見つけたのがWindows 8 Enterprise 評価版です。90日間無料で使えます。
これの64 ビット(x64)版をダウンロードしてDVDに焼きインストールディスクを作成しました。
64ビット対応CPU(Core2Duo)搭載のPCにあまったHDDを付けこのDVDからブートし、
Windows 8 Enterprise (x64) 評価版をインストールしてインターネットに接続しました。
プロダクトキーのみでアップグレードするページから[Windows 8 のインストール]をクリックし、
ダウンロードされるセットアッププログラムを実行する過程でISOイメージが入手できるので、
imageburn等でDVDに焼けば念願のWindows8の64ビット版インストールDVDの完成です。
なお購入ページからダウンロードしたセットアッププログラムでは
ダウンロードにたどり着く前にエラーとなってしまいますのでご注意を。

ちなみに、32ビット版のディスクサイズは2.1GB程で、64ビット版は2.7GBぐらいです。
また32ビット版Wndows上から64ビット版DVDのsetup.exeを実行しようとするとエラーになります。
cygwinのfileコマンドでsetup.exeを調べると、32ビット版は

setup.exe: PE32 executable (GUI) Intel 80386, for MS Windows

64ビット版では

setup.exe: PE32+ executable (GUI) x86-64, for MS Windows

と表示されます。

広告