Chromeのバージョン23が動かない

私もPC用ウェブブラウザとして愛用しているGoogleのChromeが先日バージョン23になりました。
私が使用する範囲では特に変わったことはないのですが、
勝手にアップデートされるので大して気にもせず最新のものを利用しています。
しかし、今回小さなトラブルと大きなトラブルに見舞われました。

小さなトラブルはEeePC901X+Windows8でChromeのバージョン22を利用している状態から
バージョン23にアップデートした際に、

このアプリを開けません
画面解像度が低すぎるため、Google Chrome を実行できません。

と表示されてChromeがまったく立ち上がらない現象です。
EeePC901XのLCD画面の解像度は縦が768ピクセル未満のためModern UIが動作せず、
Modern UIアプリケーションを立ち上げようとしたときにも同じエラーが出るので、
おそらくバージョン23になってModern UIに関する何かが加わり、
その部分が悪さをしているものと思われます。
なおこの不具合には回避方法があり、
デスクトップのタスクバーにあるChromeアイコンを右クリックし、
メニューの中から適当なページを指定して開くと、
同様にエラーは表示されるものの、その後Chrome自身は立ち上がります。
なお、この不具合は[Google Chrome の設定]アイコンから
[Google Chrome について]メニューを開き、
[問題を報告]ボタンをクリックして開くフォームからレポートをすでに上げています。

次に大きなトラブルですがこちらは深刻です。
いろいろと事情がありWindowsXP SP2という大昔の環境を残している古いPCがあって、
必要に応じて時々立ち上げているのですが、
普通に動いていたChrome(バージョン不明)がバージョン23にアップデートされると、
Chromeでどんなページを開いても常に

エラー
このウェブページの表示中に問題が発生しました。続行するには、ページを再読み込みするか別のページに移動してください。
[再読み込み]
これが頻繁に表示される場合、推奨の対応策をお試しください。

と表示され、しかも設定等の内部ページすら開けません。
仕方がないのでfilehippo.comから
旧バージョンのインストーラをダウンロードしてインストールしてみるものの症状は改善せず、
バージョン17までさかのぼってだめだったところであきらめました。
今後このマシンではfirefoxを使うことにします。
ところで、このような無用の事故を防ぐためChromeの自動アップデートを無効できないか調べたところ、
レジストリをいじれば可能なことがわかりました。
“HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Google\Update”に
DWORDな”DisableAutoUpdateChecksCheckboxValue”キーを作成し、
値を1にすれば勝手にアップデートしなくなるようです。