Windows8

発売日である10月26日が目の前に迫ってきたWindows8ですが、
やっとダウンロード版の価格が判明しました。
Proエディションのアップグレード版が3300円だそうです。
多分Microsoft Storeで購入できるでしょう。
パッケージ版はWindows 8 Pro 発売記念優待版が購入できますが、
もうメディアはいらないという方も多いのかもしれません。かく言う私もそうです。
あと、今回は新規インストール用のDSP版も単体で購入可能との事ですが、
Proエディションに関してはWindows7 DSP版を購入して
Windows 8優待購入プログラムでアップグレードしたほうが安くつきます。
MacBook Airを買ってWindowsとのデュアルブートにしようなどと思っている方は早く動いたほうがいいかもしれません。

さて、Windows8 Pro アップグレード版に関して、
海外では早い時期からダウンロード版がキャンペーン価格で30ドル程度と言われていたものの、
日本がどうなるのかなかなか情報が出てきませんでしたが、
世界並みの安さになるということで安心しました。
この値段なら5年ほど使ってまだまだ現役のEeePC901X(勝手にパワーアップ済み)に入れようという気になります。
どうせChrome(ウェブブラウザ)しか使っていないのでxpとの互換性は大して気にしませんし、
パフォーマンス的にはきっと問題ないと信じています。