今のF1の変えてほしいところ

昨日のついでに今のF1について何とかしてほしいところを書いてみたいと思います。
今年からTV放送がBS/CSのみになり、
すっかりマイナースポーツになっているF1ですが、
多分観ていて面白くないというのが視聴率低下の原因だと思っています。

まず第一にタイヤがワンメイクになり、使えるタイヤが制限されたり、
レース中のタイヤ使用義務ができてから面白くありません。
決勝にタイヤを残すために予選で温存して下位に甘んじたり、
決勝でのタイヤの選択権を得るためタイムを出さないとか、正直興ざめです。
決勝でもタイヤを温存して後ろを数珠つなぎにするとか、
それが原因で上位と下位が大きく離れるとかレース展開がぶち壊しです。
昔は最後尾から追い上げて表彰台に飛び込む鬼神の走りなんてのも見られましたが、
近年はそんな記憶もありません。
やはり、予選ではコースレコードを狙って妥協なく速さを見せつけてほしいですし、
決勝ではファイナルラップまで抜きつ抜かれつしながら、
ファステストラップを更新するような走りを見せてほしいですよね。
そのために、タイヤのレギュレーションがもう少し何とかなりませんかね。

次に技術開発についてです。
せめてエンジンの継続的な開発は認めてほしいです。
最近は開発競争といえばエアロ関連ばかりで。
ダブルDRSみたいな面白いアイディアはわかりやすくていいのですが、
フロントウィングとか細かく複雑になりすぎで、
もっと根本的なところに力をかけてほしいんですよね。
やはり車はエンジンで動いているのですから、
その源泉の進化を止めるようなことはしてほしくないです。
エンジン+KERSという形でもまあいいです。

DRSは私としては期待はずれです。
オーバーテイクがおきやすくなるということでしたが、
遅い車を抜けない車が数珠繋ぎになって、
その先頭以外がDRSを使っても抜けないという状況を目にしていますし、
コース上ではなくピット戦略で抜くというようなことが多いですよね。

最近のドライバーはよくマシンを壊しますが、
これにも対策が必要と考えています。
特にフロントウィングを壊して交換するマシンの多いこと。
なんなら予選始まってからはタイヤ以外のパーツは交換不可能にしてはどうかと。
そうすれば無茶なドライブは減って、よりフェアなレースになると思います。

あとはポイント制度でしょうか。
入賞は6位まででいいと思いますし、
ポイントもコンストラクターズチャンピオンシップのためのもので、
ドライバーズチャンピオンシップについては
1位に一番多くなったドライバーがチャンピオンでいいのではないでしょうか。
たいして優勝できなかったドライバーがチャンピオンなんて事態は
ぜひとも避けねばなりませんし、
シリーズ終盤戦でポイント重視の戦略をされても、
あくまで単レースごとに観ているこちらとしてはいまいち面白くありません。

多分この状況は2013年シーズンも同様でしょう。
2014年シーズンからはいろいろと大きな変更が加わりますが、
これでレースが面白くなるのを祈るのみです。
さもないとテレビで観るの本当にやめるかもしれません。
今でも早送り気味なんで。

広告