WiiU発表

ついにWiiUが発表されました。
発売日は2012年12月8日だそうです。
注目の価格はまさかの2SKUで、
ベーシックセットが26250円、プレミアムセットが31500円となります。
消費税別であらわすと25000円、30000円というきっちりとした数字になります。
消費税10%化のあかつきには27500円、33000円になるんでしょうね。
私の希望的最安値は20000円でしたが、さすがにそれは無理でしたか。
25000円ならまあ適切だと思います。
衝動買いの範囲ではないので熟考する必要はありますが。

ところでプレミアムとベーシックの違いは
内蔵ストレージ(32GB/8GB)と色(黒/白)、
それにゲームパッドのクレードル/スタンド、本体縦置スタンドがあるかないかです。
個人的にはあまっているUSB-HDDがあるので、
それをつなげれば内蔵ストレージはほぼ使わないことになるので、
8GBのベーシックで十分かとは考えています。
おまけはいらないですし。
あとプレミアムにはドラゴンクエストXベータ版が遊べる特典と
2014年末までデジタルコンテンツの
購入代金の10%を還元するポイントシステムが付いています。
ポイントシステムについて、ダウンロードはWiiのときも殆ど使いませんでしたし、
パッケージ版も1割引は当たり前の世の中ですのでそんなに魅了的でもありません。
まあゲームを2年で5万円分ダウンロードすれば+5000円の元が取れる計算ですので、
この際プレミアムで黒を手に入れるのも悪くはないのかもしれません。
また、プレミアムセットにモンスターハンター3G(HD ver)と
WiiUProコントローラ(単品で5000円)と組み合わせたパッケージが
+7000円で予約販売されますが、私はこれもあまり魅力を感じません。
ちなみにベーシックセットには本体(+ACアダプタ)、
WiiUゲームパッド(+ACアダプタ)、HDMIケーブルが同梱されているそうです。

さて、せっかくですからWiiUについて正式に公表さていることを書いておきましょう。
メインメモリは2GBとびっくりするぐらい大きいです。
PowerPC系のCPUとAMDのGPUとメモリ2GBあれば
Mac OS X(v10.5 Leopard)だって普通に動かせるんじゃないのって気もします。
GPUはGPGPUとしても使え、今流行のヘテロジニアスなシステムになっています。
なお、映像はHDMIで1080pまでの表示が可能です。
メディアは25GBの専用光ディスクとなっていますが、
物理的にはBlu-ray discなんでしょうね。
消費電力は定格で75W、通常で40W程度ということで、
Wiiが45W/20Wぐらいだった思うので、倍増ということにはなります。
WiiU GamePad(単品で12800円)は1つだけ本体に同梱されていますが、
規格的には2台までの同時接続が可能だそうです。
このWiiU GamePadと本体との通信については、
私はゲームの映像はWHDIで片方向で送って、コントローラはBluetoothでつないで、
カメラからの映像はどうやって送るかななどと予想していましたが、
実際にはすべてのデータをまとめて双方向で通信する独自規格だそうです。

あとひとつ気になっていることがあります。
Wiiでダウンロードしたバーチャルコンソールなどは、
WiiUに引っ越しできるとアナウンスがありましたが、
未使用のWiiポイントも引越しできるかどうかです。
何しろ私のWiiには4500ポイントも残っているもので。